安産体操が大切な5つの理由

anzan
安産体操
は個人の産科などで、母親教室と一緒にたくさんのクラスが開かれています。妊娠中はそれぞれにあった過ごし方がありますので、お友達がやって良かったらからといって、簡単にオススメ出来るものではありません。でも、妊娠中の肥満予防に、出産に向けた筋肉の準備に、良いこともたくさんあります。体の様子をみながら、適度に継続的に安産体操を行っていきましょう。


安産体操が大切な5つの理由

お腹の張りがあるときや出血があるなど、異常が出ている時に体操は禁物です。


安産体操って?
血行をよくするストレッチから、軽い筋トレ、ウォーキング、ヨガなど色々と安産体操といわれているものにも種類があります。

<血行をよくするストレッチ>
妊娠中は血行も悪くなりがちに。そのため、ムクミがでて、足もパンパンになることがしばしばあります。夜中には足がつることも多々あります。日頃から、軽いストレッチで血行を良くし、筋肉の緊張もほぐしてあげると効果的です。

特に、軽い運動もできる安定期になると、少しお腹のふくらみも目に見えるようになってきて、そのため、体のバランスが悪くなってきます。これまでと違うお腹の重みに、姿勢も悪くなりがち。体のバランスが崩れて、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。ストレッチで、体を軽く伸ばしたら、日頃の姿勢を少しリセットして、血行を良くしていきましょう。

軽く、首や腕を回すだけでも十分なストレッチが行えます。ゆっくりと、首をグルグルまわして、腕は肩の付け根のあたりからまわしてみてください。足も忘れずに。あぐらをかいて、膝を床につけるように手で押さえれば、股関節を緩めるストレッチができます。


出産に備えた体力づくり
出産の力みには、腹筋や骨盤底筋を鍛えるのが有効です。ヨガのポーズにもありますが、四つん這いになって猫のポーズです。息を吐きながらお腹を上下に動かすつもりで背中を丸めて、頭もしっかり腕の内側までいれてから、息を吸って、今後は息を吐きながら背中を反らせます。

顔もしっかりあげれば、腹筋が伸び縮みして筋肉を刺激してくれます。無理に通常の腹筋をする危険ですから、ストレッチ感覚で四つん這いの姿勢で行いましょう。

骨盤底筋を鍛えるには、仰向けです。膝を立てて、ゆっくり腰を持ち上げます。お尻を引き締めるように力を入れれば、骨盤底筋を鍛えることができます。動作を一呼吸ごとゆっくりと行うことがベストです。


 肥満予防

何と言っても、有酸素運動です。妊娠中に食事制限はとても難しいことです。妊娠高血圧症の人は塩分調整などが必要ですが、つわりがやっと収まりつつある安定期は赤ちゃんのために健康的な食事を心がけて、ダイエットは別の機会にした方が賢明です。

妊娠中には、ゲーム性のあるものはムキになったり、急な方向転換にバランスが崩れて転倒したりしますので、避けましょう。ゆったりとした気持ちで、ウォーキングをすることをオススメします。自分のペースで、自分の体調を窺いながら行える運動はやはりウォーキングです。

あまり、細かいことは気にせずに、気分転換のつもりでウォーキングに出かけてみてください。ただ、あまり遠くに行かずに万が一に備えて、お腹が張るようならすぐに休憩できるような道を選んで行くといいと思います。


陣痛促進
赤ちゃんは「小さく産んで大きく育てろ」と昔からよく言われます。体の小さい赤ちゃんは弱めと思われていた30年くらいまでは、得に、健康優良児と言われる赤ちゃんはちょっと太めで大きめの赤ちゃんでした。

体の大きさに病弱かどうかは全く関係ありません。それでも、大きく育つ赤ちゃんはママにとっては、とっても頼もしくみえるものです。ミルクの飲みが少なかったりするだけで、ママはオロオロ。やはり、「大きく育てろ」には意味があります。

さて、「小さく産んで」ですが、お腹の中で赤ちゃんが大きくなりすぎると、産道をちゃんと通れるのか心配になります。骨盤に囲まれた狭い産道を通ってくるわけですから、赤ちゃんの大きさは大事になってきます。赤ちゃんの頭部の大きさと骨盤の大きさが合わないと、帝王切開になります。そうならないように、予定日には出産を迎えたいものです。そのためにも、37週を過ぎて、調子がいいようなら、軽くウォーキングは最適です。入院中に病院の階段を上り下りするツワモノママもいらっしゃいます。


気分転換に
妊娠中は、なかなか思うように動かない体にモヤモヤするものです。お腹のふくらみと共に、姿勢も悪くなりがちになって肩も腰も凝った状態に。ストレッチ以外にも、ヨガなどで呼吸を整えることもオススメです。

まずは、股関節をほぐすようにあぐらをかいて、ゆっくり座って呼吸です。呼吸が十分に整ったら、足を前に投げ出して軽い前屈と後屈。目線も下へ上へと上半身と一緒に動かせば、頭や肩もゆるまってきます。足をなげだすことで、膝の裏もしっかり伸び、無理なく全身を動かすことができます。

その他、ストレッチと同じように、膝を広げるポーズや、四つん這いで猫のポーズをすれば、妊娠中にして動かしておきたいところはカバーできます。妊娠中でも逆立ちなどのポーズができるそうですが、ぜひ、インストラクターと一緒に行ってください。なるべく、安定したポーズで転ぶことがないようなものを選んで家では行うようにします。


安産体操の注意点
安産体操は、安定期に入ってから行うことがベストです。そして、食欲がない、お腹に張りを感じる、出血がある、産道が短くなってきている、多胎である、高血圧症であるなど、様々な理由で誰でも安産体操ができるわけではありません。安定期に入ったら、医師に相談し、問題がないようであれば軽い運動からはじめてみるのがいいと思います。行いながらも、ストレッチなどでお腹が圧迫されることのないように注意してくださいね。

本日のまとめ

安産体操って?
血行をよくするストレッチ
出産に備えた体力づくり
肥満予防
陣痛促進
気分転換に
安産体操の注意点