安産祈願って何するか知ってますか?

anzankigan
妊娠したらとっても幸せな気分の中、ちゃんと産めるの?って、不安になりますよね。多くの妊婦さんが、妊娠5ヶ月の最初の戌の日に、安産を願って祈祷してもらうのではないでしょうか。

昔から日本には、お産の軽いイヌにあやかって、12日に一度巡ってくる戌の日に安産を願うお祈りをする風習があります。そんな安産祈願についてお話しします。


 

安産祈願って何するか知ってますか?


安産祈願の意味って?
安産祈願は妊娠5ヶ月になった最初の戌の日に神社でご祈祷をお願いすることです。お産の軽いイヌにあやかって戌の日に安産のお願いをします。その時に、腹帯にお祓いをしてもらい、それからは腹帯をして過ごすのが一般的です。妊娠5ヶ月といえば、安定期に入る頃。やはり、妊娠初期は不安定で出産のことを思ってご祈祷するのも難しいと思います。

まだ、腹帯でお腹を締め付けるようなこともしない方がいい時期でもあります。だんだんお腹が大きくなると、まだ下りてきてはいけない赤ちゃんが少しずつ下の方に下りてきてしまうこともありますので、腹帯は是非しておきたいものです。

腹帯をしていると、お腹がしっかり固定され安定しますので、日常生活もずいぶん楽になると思います。寒い時期には、少し防寒の役にもたちますので、冷えが大敵の妊婦さんにとって、そんな意味でも腹帯は重要ですね。


安産祈願ってどこでするの?
日本全国のどの神社でも安産祈願はできます。子安神社や水天宮は、とても有名なので、多くの妊婦さんが戌の日にはご祈祷されているようです。お寺でも、中山寺のように、源行綱の妻が鐘の緒に巻きつかれて身ごもったという言い伝えから安産の寺と言われているところでは、安産祈願ができます。

この中山寺では、腹帯を御鐘緒と呼び、御鐘緒を巻いて明治天皇を御平産されたということもあり、安産祈願で有名なところです。

妊娠しているわけですから、あまり遠くへお参りに行くのは避けて、近くの神社などを探して、ゆったりと行くのがいいと思います。

安産祈願するならここしかない<東京編>
こちらの記事を参考にしてください


 安産祈願の作法
安産祈願は妊娠5ヶ月になった最初の戌の日と書きましたが、最近では流産の危険が少なくなってくる4ヶ月頃から5ヶ月の間あたりで、都合のいい日にお参りすることが一般的です。

日取りに気を取られず、体調を優先していくのがオススメです。神社は寒いところが多いですし、椅子が用意されているところもありますが、床に座らなければならないところで、立ったり座ったりとご祈祷の儀式にあわせてするのは妊婦さんにとって疲れるものです。

安産祈願のご祈祷に行く日取りが決まったら、腹帯について考えましょう。神社によっては、初穂料に含まれているところもありますが、ほとんどの神社では持参した腹帯を持って行き、お祓いしていただくことになります。用意する腹帯は、昔ながらのさらしのような腹帯だけではなく、最新のサポートタイプのものなど様々です。

恥ずかしがらずに、気に入ったものを持っていくのがいいと思います。これから自分がする予定の腹帯を持参しておけば、お祓いした腹帯を身につけられて、ちょっとホッとできるでしょう。お守りみたいなものですから、気に入った腹帯を持参してください。


どんな服装がいいの?
日取りも決まり、腹帯の準備もできたら、服装など当日のことですね。男性はスーツ、妊婦さんもワンピースなどのスカートで!というフォーマルな服装を求められそうですが、それほどフォーマルでなくて構いません。

カジュアルで問題ありませんが、ただ、肌を露出しすぎる服、タンクトップなどは肩が露出しすぎて、厳かな雰囲気にもあいませんし、神様にも失礼ですから、簡単に羽織れるストールでいいので準備するといいと思います。妊婦さんが日常着ている服でご祈祷は問題ありませんが、靴だけは注意が必要です。

神社は入り口までに砂利道も多くなっていますし、ご祈祷の場所にあがるのに靴は脱がないといけませんので、脱ぎやすく、歩きやすいものを履いていくのをオススメします。


当日は何が必要?
神社の社務所でご祈祷してほしいことを伝え、名前や住所、予定日を記入します。神主様からご祈祷の際に名前や住所を読みあげていただくことになりますので、わかりやすい字で記入とすんなりいきます。

そして、初穂料を納めます。神社によって、金額は様々ですが、5000円〜10000円のことが多いようです。腹帯を持参されている方は、ここで腹帯を渡します。待合室で待つのを勧められましたら、粛々と待合室で待ちましょう。呼ばれたら、本殿へ移動し、ご祈祷していただきます。

祝詞が詠みあげられ、だいたい20分ほどで、終了します。
本殿を出るときに、神社からお札と安産祈願の縁起物や、地元特有の言い伝えに関連したものが手渡されます。腹帯が含まれているところもありますし、お札以外にお守り、撒銭(とろろ昆布だったり色々です)、お神酒などです。

自宅へ帰ったら、いただいたお札を神棚へ飾るのが一番いい方法ですが、神棚がない場合は、タンスの上など目線が上になるような高い位置に飾るといいと思います。

最後に、無事出産を終えたら、お札を神社にお返ししましょう。ずっと持っていては役目の終わったお札に別の悪い気がはいってしまうという説もあります。お正月や1月の左義長に持っていけば、役目の終えたお札の受け取り場所があり、スムーズです。


本日のまとめ
安産祈願ってなにするの?

①安産祈願の意味って?
②安産祈願ってどこでするの?
③安産祈願の作法