これで安心、安産体操7つの効果

anzantaisou

妊婦さんにとって心や体のトラブルは付き物。

体重増加に、腰痛、こむら返りや、精神的なブルーな気持ちや、ストレスなど、妊娠前には考えもしなかったような負担がたくさんあるものです。そんな妊婦さんの悩みを、少しでも改善するためにおすすめなのが安産体操です。毎日少しづつでも習慣として取り入れていくことで安産に向けていきいきとした体作りに役立ちます。安産体操の主な効果をご紹介したいと思います。

これで安心、安産体操7つの効果


 

1、疲れをとり、ストレスを解消する

寝転がって膝を立てて、ゆっくり呼吸をするエクササイズや、そのまま足を左右に倒して骨盤を動かすエクササイズなど簡単な動きで安産体操をすることができます。ゆっくりとリラックスして呼吸することで、体のリフレッシュだけでなく、心のリフレッシュにもつながりストレスの軽減になりますよ。

また、特別な体操でなくてもウォーキングをすることも立派な安産体操です。お腹が張らない程度に、お散歩を習慣にするとよいでしょう。

 


 

2、腰痛予防

妊娠中の腰痛は、骨盤の歪みによって起こることも多いです。骨盤をゆっくり回してエクササイズしたり、寝転んで膝を立て、左右に倒す動きをするなど、マメにエクササイズしておきましょう。痛くなってしまってから無理に体操をすることは逆効果になるため、避けましょう。また、ウォーキングの際には、大きなお腹を突き出す姿勢は避けて骨盤への負担を減らすようにしましょう。

早い時期からトコちゃんベルトなどで、しっかり骨盤を固定することもおすすめです。痛くなってしまうとウォーキングなどの運動も出来なくなってしまいますし動けなくなると体重増加も懸念されるので、痛みが出ないように予防することが重要です。

 


 

3、骨盤や股関節の筋肉を柔らかくして、お産を軽くする

お産の痛みは骨盤が開く痛みが主と言っても過言ではありません。そのため、骨盤の筋肉をやわらかくすることはとても肝心です。

また、股関節のストレッチとして、あぐらをかいて膝を少しづつ下に押す等、無理のない程度に体をやわらかくして置くとよいでしょう。股関節をしっかり開けるようになると、お産のときにもラクになります。無理せず、ストレッチ中は大きく呼吸をすることがポイントです。


 

4、こむら返り、静脈瘤の予防

妊娠中は足がよくつる!という妊婦さんは多いのでは?ふくらはぎの筋肉をほぐすストレッチを取り入れると、こむらがえりの予防にも繋がります。椅子に座って足を床につけ、つま先をキュッと上に反らせます。足先を上下させることで、筋肉をほぐすことができるため、働く妊婦さんも、自席や電車で実行できますよね。

夜中に足がつるのは、ビタミン不足もありますので、もし毎日体操してもつってしまう場合には栄養面も注意するといいでしょう。必要に応じてサプリメントを活用するのもおすすめです。

 


 

5、陣痛が来たときに体の緊張をといて、お産をスムーズにするイメトレ

出産は、体を堅くせず、リラックスすることがもっとも重要です。「痛い!」という感覚に囚われて体を緊張させるのではなくフーっとリラックスできる力を身につけておけば、間違いなく安産に繋がります。眠る前に、あおむけで目を閉じて膝を立て、ゆっくり呼吸をするだけでも十分。

余裕があれば、全身を緊張させた状態から、フーッと力を抜く練習をしましょう。いざ本番の出産になったとき、必ず役に立ちますよ。

 


 

6、恥骨の辺りの痛み改善

妊娠が中期〜後期になってくると恥骨の痛みを感じる妊婦さんはとても多いです。ひとたび痛くなってしまうと、寝てから起き上がる、寝返りを打つ、歩くなどさまざまな動きに支障が出ます。この痛みの予防、改善にも、安産体操は役に立ちます。

あぐらで股関節を伸ばしたり、寝た姿勢で骨盤を動かす動きなど足の付け根を柔らかくする体操が効果的です。痛くなってからだと体操も大変なので、できれば痛くなる前に始めるのがおすすめです。

 


 

7、体重増加の予防

安産体操は、体重増加の予防にも繋がります。病院にも寄りますが、かなりうるさく体重管理を言われている妊婦さんも多いのでは?中期以降は黙っていても体重は増えやすくなってしまうので一気に運動するよりも、毎日少しづつ習慣にして運動するのがおすすめです。

内容は、軽いお散歩や、ストレッチでも十分。もしまだまだ体が動くのであれば、病院の先生に相談の上、ヨガやマタニティスイミング、マタニティビクスを取り入れてアクティブに頑張るのもいいでしょう。マタニティ仲間が居れば、一緒に取り組むのも、精神的な面でもリフレッシュになりいいですよね。しかしまずは軽い運動を、毎日しっかり続けることが大切ですね。

 


以上のように、安産体操は、激しい動きをするというよりも軽い負担の体操を、習慣づけることが大切です。特に大切なことは「リラックス」と「深い呼吸」です。この2つを意識できるようにしておくことで実際のお産になっても、自分の体をコントロールできるようになります。

ぜひ意識して安産体操を取り入れてください。

 


本日のまとめ

1、疲れをとり、ストレスを解消する
2、腰痛予防
3、骨盤や股関節の筋肉を柔らかくして、お産を軽くする
4、こむら返り、静脈瘤の予防
5、陣痛が来たときに体の緊張をといて、お産をスムーズにするイメトレ
6、恥骨の辺りの痛み改善
7、体重増加の予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です