ベビ待ち必見!安産祈願するならここしかない!東京編

jinja

【安産祈願をする「戌の日」って?】

通常、安産祈願は戌の日に行います。戌の日とは、十二支のうちの11番目に当たる戌が、12日に一度の周期でくる日のことです。なぜ戌の日に安産祈願をするかというと、犬は「多産・安産」の象徴であるためです。ちなみに神社によっては安産の守り神に同じく安産のうさぎや猿を祀っているところもありますが、そのような神社に祈祷に行く際も「戌」の日に行きましょう。そんな安産祈願のまめ知識からおすすめの神社を紹介します。

ベビ待ち必見!安産祈願するならここしかない!東京編

 

安産祈願は神様に懐妊の報告をし、出産まで見守っていただけるよう祈祷する行事です。基本的には妊娠5ヶ月目に入って一番最初の戌の日に行くのが良いとされていますが、妊娠中ですから第一に優先するのは体調です。

安産祈願の祈祷を行っている神社やお寺のほとんどは予約不要ですし、戌の日以外でも希望者がいれば受付けてくれるので、焦らずご自分の体調が良い時に行きましょう。服装も普段着で大丈夫です。座って祈祷を受けるので、お腹を締め付けない格好をしましょう。

 


 

【戌の日と腹帯の関係】

妊娠五ヶ月目の戌の日に行くのが良いとされていますが、なぜでしょうか?これは、妊娠5ヶ月で「帯祝い」をするためです。いわゆる「腹帯」ですね。安定期に入り少しずつ大きくなるお腹のために、この日をきっかけに腹帯を巻く習慣になっています。

腹帯はお腹を押さえつけることで体のバランスを取りやすくなり、赤ちゃんを衝撃から守ってくれます。なんせお腹の中身はたっぷり水が入っていますから、段々と大きくなってくるとそれなりに不安定になってきます。

さらに、腹帯をしっかり巻くことで防寒にもなります。特に夏場などは暑さに負けてついつい薄着になりがちですから、お腹だけでもしっかり温めておきたいですね。神社で祈祷の際にいただく腹帯はガーゼのような素材でできた「さらし」が一般的ですが、市販のものは筒状の腹巻きタイプやガードルと一体になったタイプなど様々です。

使いやすいものもたくさん出ているので、自分で既に用意している場合は安産祈願の際に神社に持っていくとお払いしてもらえます(事前に確認してください)

 次は、王道から穴場まで、東京で安産祈願と言ったらここ!というようなおすすめ神社をご紹介します。


 

【水天宮】

http://www.suitengu.or.jp/

東京で安産祈願と言ったらまず挙げられるのがここでしょう。子授けと安産祈願で信仰を集めてきた神社です。元々は福岡県久留米市の鎮守様として祀られてきましたが明治5年に現在地に移りました。最近では某小説のドラマで舞台になりますます参拝客が増えたようです。境内には「子宝いぬ」と呼ばれる犬の像があります。母犬とそこに寄り添うような子犬の周りに十二支があって、自分の干支をなでると子授けや厄除けの御利益があるそうです。

HPに安産祈願の手順が載っているので、行く前にチェックしてみるといいですね。

<住所>東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4

TEL :03-3666-7195

 


 

【大宮八幡宮】

http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/hachimangu/

「東京のへそ」と呼ばれ、1000年もの歴史を歩んできた由緒ある神社です。

源頼義公が奥州での乱を鎮めた際に京都の清水八幡宮より分霊を頂き、建てられた神社です。母親のお腹にいるときから神威を発揮し胎中天皇と呼ばれた応神天皇が主祭神で、縁結びや安産、子育てに御利益があるとされています。他にも、敷地内の天満宮には学問の神様、菅原道真が祀ってあり、合格祈願としても人気の神社です。

<住所>東京都杉並区大宮2丁目3-1

TEL :03-3311-0105

 


 

【子安神社】

http://homepage3.nifty.com/koyasu/pc/

八王子市最古の歴史を持つ神社です。その歴史は1200年も遡り、橘右京少輔という人が当時の皇后の安産祈願のために草創したと伝えられています。祈祷をしてもらう際の初穂料は1等から8段階で変わり、6000円~30000円とかなり幅があります(普通式は12000円)。1等以外は祈祷の内容は同じで、もらえる御札の大きさや内容にちょっとした違いがあるようです。これはもう気持ちの問題なので、身の丈にあったものを選びましょう。

有名な水天宮などでは戌の日の祈祷は混雑するため、社殿には妊婦さん本人しか入れないんですが、ここは家族も一緒に祈祷に参加できます。

<住所>東京都八王子市明神町4-10-3

TEL :042-642-2551

 


 

【代々木八幡宮】

http://www.yoyogihachimangu.or.jp/

御祭神は、大宮八幡宮と同じ応神天皇です。大宮と同じく安産や子育て、厄除けなどに御利益があると言われています。割と空いているのに大宮と同じ御利益があるなんて、穴場中の穴場です。

<住所>渋谷区代々木5-1-1

TEL :03-3466-2012

 


 

【雑司谷 鬼子母神堂】

http://www.kishimojin.jp/

鬼子母神といえば神話にもあるように、我が子を愛し育てる一方で子供をさらってきては次々に食べてしまう恐ろしい神のことで、怒ったお釈迦様が鬼子母神の末の子を隠してしまいます。そこで激しく嘆き悲しむ鬼子母神にお釈迦様が「沢山いる中の一人すら失ったら悲しいだろう。たった一人の子供を失う母の気持ちがわかったか」とさとし、以後改心するというものです。こちらに祀ってある赤子を抱いた鬼子母神像は改心後の菩薩のような美しい佇まいで、安産の神として人々の信仰を集めています。

<住所>東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20

TEL:03-3982-8347

 


 

【大國魂神社(大国魂神社)】

http://www.ookunitamajinja.or.jp/

武蔵国の総社(主要神社の神々が全て集まるお得な(?)神社)です。源頼朝が妻・北条政子の安産祈願に訪れたと言われています。また縁結びの御利益もあり、結婚式場としてもよく利用されています。

<住所>東京都府中市宮町3-1

TEL:042-362-2130

 


 

【日枝神社】

http://www.hiejinja.net/

徳川家の産土神として親しまれてきた神社です。当時から将軍世嗣・子供の出産の際には安産祈願の祈祷をされてきました。こちらの神社では神様の使いとされる猿が祀られています。犬と同様にお産が軽い動物で、こちらも安産の象徴とされています。

<住所>東京都千代田区永田町2-10-5

TEL:03-3581-2471

 


本日のまとめ

今回は戌の日にまつわる話、

【安産祈願をする「戌の日」って?】/【戌の日と腹帯の関係】

そして東京で安産祈願が有名な神社をご紹介しました。こちらです。

【水天宮】/【大宮八幡宮】/【子安神社】/【代々木八幡宮】/【雑司谷 鬼子母神堂】/【大國魂神社(大国魂神社)】/【日枝神社】

この他にも、祈祷をおこなってくれるところはたくさんあります。無理して遠出をしなくても、行きやすい場所を探してみてくださいね。