あの芸能人も不妊治療?3つの心得

不妊治療って?

 一般的には、結婚して2年間子づくりしているにも関わらず、妊娠しないことをいいます。不妊症は病気ではありません。原因はわからなくても不妊の症状の人をです。自分にあった治療法を選択することが大切です。

 芸能人の不妊治療経験を紹介します。


あの芸能人も不妊治療?3つの心得

 

東尾 理子 さん

いつでも産めるは誤解。。

 子供を産む適齢期をきちんと理解しておくべきだったと反省。35歳、40歳を過ぎると妊娠率の低下、流産のリスクがどれだけあるのか男性も女性も知識として早めに知っておくのは大切。。

 最近、40歳でも子供を産む人が増えて、まだ大丈夫かな?って誤解をしている人も多いと思うと語っています。


 ジャガー 横田 さん

40歳過ぎても体も精神も若いと思っていた。。

 不妊治療を中止した途端にまさかの自然妊娠45歳という高齢出産をされました。臨月から出産まで36時間かかったと言われていますが無事に元気な赤ちゃんを出産されました。


 矢沢 心 さん

それでも一度もあきらめなかった。。

 25歳で結婚、いずれ妊娠するだろうと思っていたが、高校生の時から生理不順で、多のう胞性卵巣症候群だったと告白。6年間の長い不妊治療,流産を乗り越えての結果、かわいい赤ちゃんが誕生した。

とても長い道のりでしたが、夫の魔裟斗さんの支えがとても大きかった。


まとめ

■ 出産適齢期、自分の体の状況をを早めに知る

■ 高齢出産に関する知識を高める

■ パートナーときちんと話し合い理解しあう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です