不妊治療の助成金が出るって知っていますか?

funinchiryou joseikin
不妊で悩んでいて、いざ不妊治療をしようと思っても保険適応外で、お金がかかりそうだから不妊治療に手が出せない・・・と悩んでいる人に朗報です。不妊治療助成金制度という制度が国や自治体独自に設けられています。

自分が住んでいる自治体に詳しく問い合わせる必要はありますが、概要をご紹介します。
以下の内容に当てはまる方はお金が戻ってくるチャンスです。


不妊治療の助成金が出るって知っていますか?


不妊治療の助成金について

☆国の助成金
国の厚生労働省が実施している事業で、全国共通の制度です。基本的には特定不妊治療助成事業の上限額を上回った分を最大15万まで補助するという内容がほとんどです。40歳未満で通算6回、40歳以上43歳未満では通算3回と年齢制限がある場合もあり、43歳以上は助成金が出ないのがほとんどです。

☆自治体の助成金
自治体の助成金の金額は市町村によって違うので直接問い合わせて確認してください。自治体のほとんどはかかった不妊治療の費用から国の助成金を差し引いた金額が適用されるので国の助成金と併せて自治体からの助成金をもらうことができます。


特定治療支援事業の概要
厚生労働省が発表している特定治療支援事業の概要は以下のとおりです。

対象治療法・・・体外受精および顕微授精を特定不妊治療と呼び、それが対象になります。

助成の対象者・・・特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師から判断された法律上、婚姻が成立している夫婦です。

給付の内容・・・1年度あたり1回15万円が2回までとし、通年5年支給されます。治療内容で助成金額が違います。

所得制限額・・・夫婦合算の所得ベースで730万円です。

指定医療施設・・・事業実施主体において医療機関を指定しています。

事業実施主体・・・都道府県、指定都市、中核市の事業の費用を補助しています。


申込方法について
funinchiryou joseikin

不妊治療を始めた時治療費は自己負担になり、後から申請が可能になります。期限などを確認してお住まいの保健所や病院、市町村に問い合わせてください。申請に必要な書類がいくつかありますが、自治体によって違うので確認しましょう。自治体独自の助成制度を受ける場合は書類や提出先を確認してください。

また、不妊治療の助成金が出る医療機関が指定されていますので、治療を受ける際には指定された機関かどうか確認してください。

保健所の発行書類・・・特定不妊治療費助成事業申請書、特定不妊治療助成事業受診等証明書

市町村の発行書類・・・住民票などの住所や続柄記載の書類、戸籍謄本、所得税が分かる証明書

病院の発行書類・・・指定医療機関発行の治療費領収書、または明細が分かる書類

申請は治療を終了した日から60日間、または年度内など期限があるので注意しましょう。


不妊治療は医療費控除になる?
家族構成や収入、自治体ごとに違うこともありますが、基本的には控除の対象になります。5年さかのぼって確定申告で申請することができますが詳しい利用方法はお住まいの市役所や税務署に問い合わせてください。


不妊治療は高額医療費の対象になる?
不妊治療と呼ばれる医療はほとんどが高額医療費制度の対象外になります


助成金を受けられる不妊治療とはなにか?
助成金を受けられるのは特に高額といわれている体外受精や顕微授精の治療です。もし助成金を受けるのであれば治療に入る前に、助成金が受けられるものかどうか確認してから治療するようにしましょう。

体外受精・・・排卵前に体内からとりだした卵子と精子の受精を体外で行う治療法です。一般的に胚移植が行われますが、配偶子卵管内移植や凍結胚移植などがあります。体外で受精が成立し、質の良い胚を選別して子宮内に移植します。平均的な費用は30万~60万が1回の費用といわれています。

顕微授精・・・体外受精の一種ですが、顕微鏡を用いて卵子の中に直接精子を注入する方法です。一般的には卵子1個に対して精子1個を注入する卵細胞質内精子注入法がおこなわれます。平均的な費用は30万~60万円が1回の費用といわれています。


その他のサービス
国や自治体の助成金制度に加えてさらに利用可能なサービスがあります。国などの助成金は治療後に申請となるので、治療直後は自費になるため先立つものがないとなかなか治療に踏み切れないのですが、銀行などで最近知られるようになった「不妊治療ローン」は金利も低く融資期間も5年前後あり、とてもありがたいサービスです。

詳しいサービスは不妊治療ローンを扱っている銀行に直接問い合わせる事をお勧めします。銀行によって金利や融資期間などが違います。普通のカードローンより審査も通りやすく、低金利ということが特徴的です。上限額は100万から500万が平均のようです。

サービスや助成金などをうまく利用して治療がスムーズに受けられるといいですね。

まとめ
不妊治療の助成金が出るって知っていますか?
不妊治療の助成金について
特定治療支援事業の概要
申し込み方法について
不妊治療は医療費控除になる?
不妊治療は高額医療費の対象になる?
助成金を受けられる不妊治療とはなにか?
その他のサービス