二人目の妊娠、最高のタイミングとは

futarime ninnshin
一人目の子どもを無事出産し、しばらく子育てに奮闘して落ち着くと、ふと2人目がほしいって思いませんか?一人っ子はかわいそうだから、兄弟がほしいなどと思うことがあります。二人目妊娠する時の最高のタイミングとは一体いつなのでしょうか。そんな疑問にお答えします。


二人目の妊娠、最高のタイミングとは


年齢のリミットや環境

☆年齢のリミット
最高のタイミングを図りたいけれど、やはりそうもいっていられない場合もあります。
妊娠はいつでもできるというものではありません。残念ながらタイムリミットがあります。

昔は20代が圧倒的に結婚・出産が多かったのですが、女性の社会進出が進んだ現代では、すっかり晩婚化による高齢出産が増えました。医療の発展も手伝って、今では40代でも出産している人が増えています。

明確にタイムリミットは言えないのですが、卵子も精子も年齢とともに、老化します。自然妊娠を目指すのであれば、やはり20代前半から30代前半までが適していて、30代後半からは、タイムリミットが近づいているといってもよいでしょう。

40代になるとますます妊娠する確率も下がります。2人目を考えている人は、やはりこのタイムリミットを考えて計画するほうがよいでしょう。


☆環境
第2子を望む時、今の環境が産める状態かを考える必要があります。妊娠すればやはり妊婦として過ごすにあたり、色々なことが制限されます。出産の時期も考えて第1子の成長の妨げにならないかなどを考慮することをおすすめします。

幼稚園や小学校など、新しいことが始まるタイミングにならないように産まれてくる時期を考えましょう。

兄弟のベストな年齢差とは?
兄弟の年齢差を何歳差にするかによって、それぞれメリットとデメリットがあります。


☆1歳差
メリット・・・いわゆる年子と呼ばれる状態です。一番のメリットは兄弟が双子のように友達のように一緒に育つということです。歳の差がないので、馬が合えば仲良く遊んでくれて親は助かります。また、一緒に育つので大きくなった時に一気に通学が終わり、子育てが早く終わります。

デメリット・・・小さい子どもが二人ということで、大きくなるまでかなり大変です。お下がりというわけにもいかないので、なにかとお金もかかります。何よりも2子が生まれてばかりの頃は第1子もまだまだ小さいので、大変です。


☆2歳差
メリット・・・一人目の赤ちゃん時代が終わってすぐに2人目なので、グッズがそのまま使えます。授乳の仕方なども忘れることなく接することができ、子ども同士も年が近いので、仲良く遊べます。

デメリット・・・上の子の成長をゆっくり見てあげることなく次の赤ちゃんの世話をしなくてはいけないので、少しだけせわしないです。経済的にもお下がりが回らないなどの理由で、少しかかります。上の子ばかりがかまわれないと、寂しく育ってしまいます。


☆3歳差
メリット・・・3学年差は中学受験や高校受験などの時期が重なります。どちらも受験年ということになるので、勉強ムードを作りやすいというのが何よりのメリットです。

デメリット・・・その反対に、入学と卒業と同時なので、行事がかぶってしまうということや入学金などのお金が同じ年にいるというデメリットがあります。しっかりと貯金をしておかないと大変なことになってしまいます。


☆4歳以上差
メリット・・・上の子どもが下の子どもをたくさんお世話してくれます。下の子も背伸びして、お兄ちゃんやお姉ちゃんのようにしようと頑張るので何でもできる子になります。お下がりもほとんど回すことができるので、経済的にはとても助かります。

デメリット・・・幼稚園に一人行ったと思ったら、また次が幼稚園、と幼稚園や小学校に通う年数がのびます。子育てが一気に終わらないと感じるのは、歳の差が開いている兄弟をもつ親の宿命です。


☆ベストな年の差
このように、それぞれの年の差ごとにメリットデメリットがあるので、その家族がどんな状態がいいのかを考えて計画するのがベストだと言えるでしょう。

子育てを一気に終わらせたいのであれば歳の差を小さく、ゆっくりと子どもたちの成長をみながら経済的にもお下がりを回したいと思うのであれば、ある程度歳の差がある方がいいと思います。

一人目の子どもの性格なども見極めてベストな年の差を考えることがおすすめです。


二人目の妊娠を悩んでいる理由ベスト5
futarime ninnshin

一般的にどんな理由で2人目の妊娠を悩んでいるのでしょうか。

☆第5位 社会復帰
子育てをしながら働くことはとても大変です。一人目が大きくなってそろそろ働こうかなと思うけれど、2人目もほしい、などと思うと社会復帰が遠のくので2人目を作らずに働きに出たいと悩む人がいます。


☆第4位 一人目の成長
第1子がなかなか甘えて、とても2人目が考えられないと思うようです。年齢差を2~3歳差にしようと思っても、まだまだ一人目が小さく感じられて、次の妊娠に踏み切れない。


☆第3位 家をもつ
そろそろ家を建てたいと一人目の子育てをしながら思う人が多く、家の設計や家具の準備などをしていると2人目どころではないと感じている。


☆第2位 恐怖
一人目を妊娠・出産した時が大変すぎて、2人目もまた同じ思いをするのかと思う人が意外といます。一人目を出産したのがまだ1年か2年しか経っていないという人はその時のことを覚えて、まだまだ2人目を考えられません。


☆第1位 不妊
一人目は何も考えずに授かった人もいますが、2人目となるとなかなか授かれない人がいます。やはり日々の疲れもあるせいか、一人目より高齢なこともあり、なかなか第二子ができにくい人が現状です。

<関連記事>
あなたの不妊症チェックしてみませんか?


まとめ
二人目の妊娠、最高のタイミングとは
年齢のリミットや環境って?
兄弟のベストな年齢差とは?
二人目の妊娠を悩んでいる理由ベスト10