月経前症候群でお悩みのあなたへ

gekkeimaeshoukougun
生理前の不快な症状に本当に多くの女性が悩んでいます。その症状は様々で、仕事をお休みしなければいけないくらい重い症状の人も、ちょっとイライラするだけという人もいます。

そういった生理が始まる1週間から2週間前くらいに起こり、生理が始まると消えていく辛い症状のことを、月経前症候群(プレ・メンストラル・シンドローム、PMS)と呼ばれています。様々な症状と、対処方法を一緒に考えていきましょう。


月経前症候群でお悩みのあなたへ


 

月経前症候群の症状って?
身体にでてくる症状としては、下腹部の痛み、膨満感などが主な症状となります。その他にも、頭痛、胸の張りや痛み、むくみ、にきび、めまい、便秘など挙げれば切りがないほど様々な症状があります。

精神的な症状では、イライラする、緊張する、疲れやすい、集中力がなくなる、気持ちが高ぶりやすいなどが主にあげられます。

これらの症状は、毎月でなくとも、いくつかは経験したことがある人がほとんどではないでしょうか。もしくは、いくつもの症状が重なってでてくるという人もいるかもしれません。

症状は様々でも、婦人科に行けば、生理前に起こるこれらのトラブルはPMSと診断されます。昔では、親の時代では「我慢がたりない」「気のせい」と苦しみを認識することは許されない雰囲気がありましたが、今は、症状を知ってしっかりと対処することが大事です。

1日でも多く、快適に生活できるように、自分の身体をよく知って解決策を探っていくのがいいかもしれません。


 

月経前症候群はどうしてなるの?
どうしてなるか?は、実はまだわかっていません。ただ、この時期の身体の変化として、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が大きく変化しています。そういったホルモンバランスが器官に過剰な刺激を送っている可能性は考えられます

ホルモンバランスはセロトニンにも及んできます。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる喜びを感じる脳内物質です。卵胞ホルモンの低下によって、一緒に分泌が減り、ネガティブな気持ちになったり、イライラしたりしてしまうのではないとも言われています。

この時期のイライラは性格なんかではありませんから、症状の一つと思って、対処方法を探っていきましょう。


 

月経前症候群の対処方法
gekkeimaeshoukougun

症状も様々なだけに対処方法もバラエティにとんでいます。まずは試してみるくらいの軽い気持ちで試行錯誤する必要があるかもしれませんね。ですが、身体的な症状が当てはまっている人はまずは婦人科の診断をオススメします。

ちょっと生理が重いだけと思っていても、病気が潜んでいるかもしれません。まずは、チェックしてみてください。手帳に記録してみるのも有効です。

いつ頃、どんな症状がでるのか記録しておくことで、診断の材料にもなりますし、PMSと判断された後も症状と対処に結果を確認することで無駄を少なく、自分にあったものをみつけられます。

・ 休む
無理せずに休むことは重要です。PMSでは、それでなくてもいつもの体力はないのは明らかです。無理に頑張るより、一度ゆっくりと休んでから取り掛かる余裕をつくってみましょう。

・ 身体を動かして発散する
休むとは反対ですが、ジムへ通い、ウォーキングをすることで解消されることもあります。基礎体力作りと、血行改善をしていくことで長期的に楽になる身体をつくっていく方法もあります。

・ ストレスはないか考えてみる
PMS以外にもなにか要因はないか考えてみてください。仕事で、学校で、ストレスがあればPMSの症状がでる間は、精神的にも問題がおきるかもしれません。いつもはしないようなミスをしたり、うっかり予定を忘れてしまったり、いつもより時間がかかったり…。

大事なことは何度も見直してみたり、時間に余裕をもたせたりして、対処していく必要があるかもしれません。

・ カフェインを控える
カフェインは血行を悪くします。頭の血液循環が悪くなる時は頭痛につながりやすいので、特に頭痛が起こる人はカフェインを控えた方が無難です。コーヒーを飲むことが一番のリラックスならば、1日1杯を目安に飲みましょう。

・ 塩分を控え、ビタミンB6を多く摂取する
塩分の取りすぎはむくみやけだるさ、血圧の上昇につながります。普段、が低血圧の人でも、塩分による血圧上昇はけだるさがつきまといます。1日で塩分は尿によって排出されるとはいえ、むくみやけだるさが残りがちになってきます。

ビタミンB6は、アミノ酸からたんぱく質への変化になりますが、神経伝達物質の合成にも深く関わっています。イライラや不安定な気持ちにならないためにもビタミンB6が不足しないように注意しましょう。サンマやカツオ、マグロなどに含まれています。

・ 軽くマッサージしてみる
ストレッチでも構いませんが、多くはリラックスのためです。身体をほぐして、伸びやかな気持ちになれるようにしてみると少し落ち着きますよ。

・ 身体を温める
血行をよくするためにも身体は適度に温めるのがよさそうです。不足しがちなホルモン物質が隅々まで届くように血行をよくしていくために、身体を温めましょう。足先だけでもいいですし、気持ちがいいなら首筋を少し温めるだけでも効果が出ます。

・ ピルを飲む
PMSの症状が重いのであれば、病院でピルを処方してもらうことが一番楽になる方法です。頭痛薬、鎮痛剤、低用量ピルなど、医師によって処方されると思いますので、症状をできるだけ具体的に、いつ頃からどんな症状なのか伝えてください。できれば手帳にメモしてみることをオススメします。


 

月経前症候群に潜んでいる女性の病気
PMSと間違えやすい病気はいくつかあります。うつ病、慢性疲労症候群、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、早期卵巣不全(POF)です。PMSで辛いと思ったら、思わぬ病気が潜んでいることもありますので、医師の診断をうけてください

まとめ
月経前症候群でお悩みのあなたへ
月経前症候群の症状って?
月経前症候群はどうしてなるの?
月経前症候群の対処方法
もしかして?月経前症候群に潜んでいる女性の病気