排卵日に体温があがらない本当の理由とは

 hairanbi taion
妊娠を目指している人にとって基礎体温測定は必須です。測っている中で、排卵後に上がるはずの体温が上がらず不安になる人も多いようです。今回はなぜ排卵日体温が上がらないのか、排卵と体温上昇の関係などについてご紹介します。


排卵日に体温があがらない本当の理由とは


排卵すると体温が上がるのか?
女性の生理周期には大きく分けて子宮内膜を成長させるという時期と、卵胞を成長させるという時期に分かれます。ふたつの時期には黄体ホルモン・卵胞ホルモンという女性ホルモンが活躍するのですが、黄体ホルモンの働きによって排卵後の体温を上昇させます。

受精卵の着床のためには温かい子宮と子宮内膜が必要なので、周りを流れる血液量を増やし、体温が上がります。排卵することで黄体ホルモン分泌量が増加し、体温が上がるのです。あがる、といっても急激に上がるわけではないのでちゃんと仕組みを知る必要があります。


排卵日になぜ体温が上がらないのか?

☆黄体ホルモンが原因の場合
基礎体温を測定している人は排卵日が自分で予測できるようになります。自分で判断する中で慣れてくると、そろそろ排卵日かなと思っているのに体温が上がらず、不安になることがあります。

この原因の一つに、排卵と大きく関係している黄体ホルモンの分泌が悪くなっているということが挙げられます。排卵直後に黄体ホルモンの分泌が悪いと体温が上がらず、数日かけた緩やかな上がり方になります。

基礎体温で排卵したかどうかをみるとき、基礎体温がぐっと下がったら排卵しているというのを目安にするのですが、体温があがっていく途中で排卵することもあるのです。


☆排卵していない場合
どんなに基礎体温をつけていても、生理周期が安定していると思っている人でも排卵が起きていない周期という場合があります。病院で検査をして排卵を確認した人の場合でも、あくまでも検査は予測なので外れる場合もあります。


基礎体温の高温期が上がらない人の特徴
hairanbi taion

基礎体温の高温期の体温は一般的に36.7~37.0℃です低温期との差は0.3~0.5度程度が普通ですが、高温期の体温が上がらず、低温期との差が0.3℃未満の場合高温期が上がらない人といえます。高温期と低温期の二層に分かれていてもふたつの温度差が低いと黄体機能が弱い可能性があり、着床しにくいのです。

関連記事 意外な排卵日と基礎体温の関係とは


高温期が低くなる体質
根本的な原因は主に身体の冷えなどが考えられます。身体の冷えと侮れず、卵巣や子宮が血行不良を起こし、生殖機能が低下することが原因になります。

身体の冷えだけでなく、もともと生殖機能が虚弱、ホルモン分泌が低下している、交感神経と副交感神経のバランスが悪い、身体を温める力がないなどの体質も考えられます。


腎との関係
腎というのは西洋医学では腎臓やその機能を指しますが、東洋医学では様々な身体の機能を指します。

☆血圧を調節する働き
☆男性の陰茎、陰のう、精巣、女性の子宮、卵巣などの生殖機能
☆血液を弱アルカリ性に保持する働き
☆交感神経と副交感神経のバランスを保持する自律神経の働き

この大切な機能が弱いと生命力、生殖能力が弱いと言えるのです。

冬が苦手、塩辛いものが好き、肌が黒っぽい、先を考えて心配になるなどこれらに当てはまる人は腎が弱い可能性があり要注意です。


改善方法

☆黄体ホルモンが原因の場合
もし不安な状態が何回か続いて、排卵しているのに体温が上がらないという可能性がある場合、黄体機能不全の疑いがあります。黄体機能不全は黄体ホルモンの分泌がうまくいっていない症状です。

これにより体温が上昇せず、子宮内膜も厚くなりにくいため、受精卵の着床がしにくくなります。黄体機能不全は簡単な治療でよくなる場合がほとんどなので、治療を受けて改善されます。

☆腎が弱いと思われる場合
腎が弱い人は身体の中に直接働きかけていかなくてはいけません。中でも食を大切にすることでかなり改善することが期待できます。

腎を改善する食べ物・・・山芋、ゴボウ、サトイモ、キノコ、昆布、黒ゴマ、黒米、ひじき、ナス、黒豆、玄米、にら、豚肉、イカ、エビ、ナマコ、ウナギ、ザクロ、ぶどう、栗、クルミ、味噌、しょうがなど主に黒いものがいいといわれています。

とにかく体を冷やさないようにすることが大切です。食事の時は生野菜より温野菜、冷たい飲み物より温かい飲み物、しょうがを積極的に摂るなど身体を温めるものをとるようにします。気をつけたいのが塩辛い食材です。塩分は摂らないようにし、冷たいものも避けるようにしましょう。

食事だけでなく、普段から規則正しい生活を心がけ運動や服装などで身体を温め、冷やさないようにすることが大切です。

☆その他の改善法
ヨガ、サプリメント、漢方、針やお灸、マッサージ、気功など様々なアプローチにより改善を目指すことがあるようです。自分に合った方法で改善できるといいですね。

まとめ
排卵日に体温が上がらない理由
排卵すると体温が上がるのか?
排卵日になぜ体温があがらないのか?
基礎体温の高温期が上がらない人の特徴
高温期が低くなる体質
腎との関係
改善方法