出産費用ってどのぐらいかかるか知ってますか?

hiyou

出産費用に具体的にはどのぐらいお金がかかるか知っていますか?妊婦健診もそうですが、血液検査やNST、お産、出産後の入院中など実はお金がたくさんかかるんです。しかし正直お金に関して聞くのは抵抗がありますよね。なので今回は出産にまつわるお金の話をします。



出産費用ってどのぐらいかかるか知ってますか?


出産費用にかんしてあれこれ
実際出産するとなるとお金がたくさんかかります。お産だけでなく健診やそれ以外の検査、入院などさまざまな場面で出費があります。
ここではそのことについて細かくお話します。

~健診費用~
妊娠が発覚する時期や陣痛がくる時期などによって回数は変わりますがだいたい10~20回ぐらい健診にいきます。その費用は病院にもよりますが合計で約7~20万ぐらいだと言われています。しかし今は助成制度があるためほとんどの自治体で妊婦健診が無料になる券などがもらえるため、その券がある場合は0~5万程度で済む場合が多いです。

個人差があるため一眼には言えませんがだいたい妊娠中期までは月に1回、後期になってからは2週間に1回、臨月には週に1回の頻度で健診があります。
病院や自治体によっては予定日がはっきりするまでは無料券がもらえないことなどがあるのできちんと確認しておくといいでしょう。

そして、予定日を超過した場合はその無料券がなくなってしまっている場合が多いので無料券がなくなった後の健診はお金がかかります。病院によっては血液検査は別料金でかかったり、NSTと呼ばれる検査をする時は別料金ということもあるのでこれも確認しておきましょう。


入院・分娩費用
これは病院によって金額が変わってくるのであくまでも目安として考えてください。だいたい分娩とその後の入院を合わせて38万~70万となっています。差がありすぎだと思いますが、病院によっても金額が変わりますし、分娩方法でお金額は変わります。また病室が大部屋か個室かでも変わってくるためどうしても差がでます。

しかし、今は出産育児一時金という補助があるためその金額全てを支払うということではありません。補助で42万円もらえるためその42万で足りなかった分を払うことになります。例えば分娩・入院費用が50万だとしたらそこから42万引いた金額の8万円を支払うということです。しかし病院によっては分娩予約をし、その時に前金として5~10万先に支払う病院もあるので最初に確認しておくといいでしょう。


それ以外の入院
妊娠中のトラブルはさまざまです。切迫流産や切迫早産で入院となれば貼り止めの点滴や薬、入院費などがかかります。つわりがひどい場合も点滴で栄養を送るためそれだけのお金はかかります。

そしてこれは正直予想がつきません。なる人もいれば何もなくお産になる人もいます。そしてこれが原因で入院となった場合もどれぐらいの期間の入院になるのかわからないしどんな治療をするかはその人の症状次第のため金額も正直どれぐらいかかるのかはわかりません。中には何か月も入院する人もいます。


保険って適応するの?
妊娠、出産の場合は病気ではないため保険適応外です。そのため全額自己負担となります。病院にもよりますがだいたい1回の健診で5千~1万はかかります。

しかし、上記でも書いた通り今は自治体で負担してくれるところが多いのでお金がかからないということもあります。もちろん補助額は決まっているのでそれ以上にかかった場合は自己負担です。そして補助券をもらう以前の健診代は戻ってきません。

しかし、分娩の際はちょっと違っています。普通分娩の場合は自己負担ですが帝王切開や何か理由があって手術をした場合は健康保険の対象になります。しかしその分入院日数が長くなると自己負担も増えます。そしてこの場合は自分で生命保険に加入していると給付金が支払われる可能性があります。必ず払われる訳ではないので確認してみてください。


その他出産にまつわるお金のこと
出産費用には妊婦健診、分娩、入院費用以外にもお金はかかります。それは出産、育児費用です。

~育児用品~
赤ちゃんが生まれたときに使う物です。おむつやおしりふきはもちろん肌着や洋服、お風呂用品、寝具、授乳用具、スキンケア用品など大きなものから細かいものまでトータルすると実は結構お金がかかります。ベビーベッドやチャイルドシートは一時しか使わない物なのでレンタルする人もいますがどちらにせよお金はかかります。


出産準備品
これはお母さんが使うものです。妊娠中はマタニティウェアや妊婦さん用の下着など実はいろいろお金がかかります。病院によってはパジャマやタオルなど用意してくれる病院もありますがそうでない場合はそういった物も用意しなければなりません。さらに妊娠線予防のクリームや葉酸サプリメントなどを利用する人はそれでもお金がかかります。そして産後広がった骨盤を戻したい場合は骨盤ベルトなども使いますし、母乳が下着に漏れるのを防ぐためのパッドなどやはりいろいろ必要になります。

妊娠、出産、産後はとてもお金がかかりますが、その額には病院や分娩方法などで差が出てしまいます。なので一番は自分の行っている病院などで確認してみるといいでしょう。だいたいの分娩費用などは教えてもらえます。その反面補助があるものもいくつかあるのできちんと確認してみましょう。

今日のまとめ

出産費用ってどのぐらいかかるの?
・出産費用に関してあれこれ
・保険って適応するの?
・その他出産にまつわるお金のこと