人工授精のリスクをへらす最高のタイミングとは?

funin
できるだけ自然妊娠に近い方法で妊娠の手助けをするのが、人工授精です。方法は?タイミングをはかるカギは?リスクの少ない、タイミング法って?などなど、人工授精についてご紹介します。


人工授精のリスクをへらす最高のタイミングとは?

 


【人工授精とは?】

人工受精とは、チューブのような柔らかい注射器で精子を直接子宮内に注入することで妊娠の確率を上げる方法です。よく、体外受精と混同している人がいますが、体外受精とは採取した卵子と精子を体外で受精させ、受精卵を子宮に戻す方法です。不妊治療は精子の運動率や年齢など様々な要因でどのような方法になるかが決まります。ちなみに「授精」という漢字を使っていますが、「受精」との違いって知っていますか?それぞれこんな意味で使われています。

授精  /  卵子または子宮内に、精子を人工的にふりかけたり注入する行為

受精  /  精子が卵子の中に入り、融合すること

つまり、「“授精”を試みた結果、“受精した”」という使い方ですね。

 


【こんな人にオススメです。】

そもそも妊娠には、このような環境が必要です。

・夫婦生活が正常で、かつ排卵のタイミングを見計らって行える

・精子が正常な運動をしている

・卵子が作られてから排出、卵管を通るまでのプロセスがきちんと行えている

・子宮内膜が着床できる状態にある

これは当たり前のようでそうではありません。自然妊娠した人は実感がわかないかもしれませんが、自然に妊娠してなんの問題もなく出産するということは奇跡と言ってもいいくらい貴重で神秘的なことなんです。

環境に何らかの問題があり自然妊娠が困難な場合、外から手を貸してやり妊娠の手伝いをする必要があります。人工授精は注射器で直接子宮内に精子を運んであげるので、到達するまでの関門で精子が死んでしまうのを防げます。

・男性側の軽度な問題(膣内射精ができない、精子の運動率が低いなど)

・子宮頚管粘液の分泌不足

・夫婦生活が上手く行えない

などという場合にはオススメです。

 


【人工授精の前に】

病院で検査したけど夫婦ともに特に問題が見当たらなかった、という場合、まずはタイミング法で自然妊娠を目指すのが一般的です。タイミング法とは排卵の時間までを正確に知り、そこへ夫婦生活を合わせる方法です。

2通りの方法があります。

●自然周期を待つ

まず基礎体温をつけて、おおよその排卵日を特定します。そして排卵日の2日ほど前に病院に行き、ホルモン検査と経膣超音波を使って卵胞の大きさを観察します。この検査と、一日3回の尿検査で調べるホルモン値によって排卵日、排卵時間を予測します。排卵の約6時間前から排卵時間までが一番受精の確率が高いため、細かく予測する必要があるのです。

 ●排卵誘発剤を使う

生理周期が一定である程度自分で予測できる場合は、排卵誘発剤を併用する方法もあります。飲み薬と注射の2種類で選べる病院が多いです。きちんと排卵できるのに誘発剤を使うことについては意見が割れるところかもしれませんが、ライフスタイルや夫婦の事情もあるので、決して間違った選択ではないでしょ。

 


メリットとしては

・排卵日を特定できる

・卵子がきちんと育ってから排卵させられる

・排卵する卵が増えるので、妊娠する確率が上がる

などが挙げられます。特に飲み薬で効果が無かった場合でも、注射だとうまくいく可能性は高いです。ただし、デメリットもあります。

・多胎妊娠の可能性が上がる

・注射の場合は副作用が強く出たり、卵巣が腫れることがある

飲み薬では卵は2つまでしか増えないので妊娠するとなると単体か双胎のみですが、注射だと三つ子や四つ子の可能性も僅かに上がります。しかしそれは、注射の方がより質の良い卵子を排卵する作用があるためなのです。


【いざ人工授精に挑戦、ベストタイミングはいつ?】

タイミング法の場合基本的には自然妊娠と同じプロセスですから、精子が頚管でとどまる時間がある分多少のタイムロスがあっても問題ありません。しかし、人工授精は排卵した卵に直接精子を出会わせるのが目的ですから、ベストタイミングで臨まなければなりません。

見極めるには、卵胞径を測るためのエコーやホルモン値の測定が必要です。また、人工授精をする日時をあらかじめ決定しておいて、そこから逆算して排卵を起こすスプレーを投与する方法もあります。

つまり、基礎体温の波、卵胞のサイズ、血中ホルモン値、おりものなど様々な要因によってタイミングが決められるようです。当然個人差もありますから、人工授精を希望している場合はなるべく早いうちに病院へ行き、検査をしてもらう必要があります。


今回は人工授精の流れと受精するタイミングについてご紹介しました。内容についてまとめておきます。

【人工授精とは?】

【こんな人にオススメです。】

【人工授精の前に】

【いざ人工授精に挑戦、ベストタイミングはいつ?】

ポイントをしっかり押さえた上で、夫婦で計画を立ててみてくださいね。