知らなかった!人工授精体験談から学んだ事

taiken
妊娠を希望してタイミング法を試みてもなかなか妊娠しなかったり、なんらかの問題がある場合に行うのが「人工授精」という方法です。タイミング法を使って、タイミングぴったりであればだいたい妊娠の確率は15〜20%程度なのでタイミング法を半年から1年程度試して妊娠にいたらない場合には人工授精を検討するご夫婦も多いのではないでしょうか。

人工授精とはどんなもの?


 

知らなかった!人工授精体験談から学んだ事


人工授精について

まず人工授精とはどんなものなのか説明します。よく聞かれる産婦人科での妊娠に向けた治療として人工授精体外受精がありますがその違いは、受精する場所です。人工授精の場合は、お母さんの子宮の中で受精が行われます。自然妊娠と違うのは、精子を事前に取り出して、カテーテルという細い管を使ってお母さんの子宮に入れることです。

体外受精は、卵子も取り出した上で体の外で受精させて、培養したあと子宮に戻す方法なのでまったく違うことがわかりますね。

人工授精体験談(踏み切るタイミング)では実際に人工授精を体験した人の話から、どんな経緯で人工授精に踏み切ったのか紹介します。


Aさんの場合

Aさんのケースでは、Aさんの年齢は29歳と妊娠する上ではとくに高齢でもなく、問題もなかったのですがタイミング法を半年試しても妊娠できなかったため、何か子宮に問題があるのではと不安になり産婦人科を受診しました。

卵管造影検査や、ホルモンの血液検査を受けましたが問題なく念のためご主人の精子を調べたところ精子の運動率が低く、自然妊娠が難しいことがわかりました。その為人工授精に踏み切りました。検査には、ご主人の協力が必要ですね。また、Aさんがうけた卵管造影検査は、すこし痛みが伴います。


Bさんの場合

Bさんの場合は、子宮筋腫で妊娠が難しい状況でしたが、治療したあと妊娠を希望したため、人工授精に踏み切りました。すぐに人工授精にした理由は年齢でした。Bさんはすでに43歳だったため、自然妊娠を待つ時間がないと考えたのです。人工授精は4回目までの妊娠率が高いので、急いでいる方にはおすすめの方法と言えます。


人工授精当日の流れについて

人工授精をいつするのかということについては卵胞の大きさなどを検査したうえで、排卵日を考えて決定します。卵子や子宮に特に問題がない場合、服薬などはせずに当日を迎えますが、もし何か問題がある場合や、何度か失敗している場合には卵子の質をよくする薬や成熟を促す薬を服薬することもあります。

よく成熟した卵子ほど、妊娠できる可能性がアップするためです。そして人工授精当日朝に、ご主人の精液を採取します。指定の容器に用意したら、冷やさないようにして産婦人科へ持参します。
体験談の中には、「服の中に入れて温めていった」「タオルにくるんでいた」等の意見が。精子は産婦人科で運動率などの検査を受けます。

合格であれば人工授精に移ります。場合によっては運動率のいい精子だけをより分けて、人工授精することもあります。人工授精自体はほとんど痛みはなく、チクチクする程度です。処置が終わったら、五分程度そのままの姿勢を維持したあと、休養して帰ります。

場合によっては、排卵を促す注射を行うことがあり、感染症を予防するために、抗生物質剤を処方されます。費用は大体1万円から2万円程度。人工授精というと、科学的なイメージで、何か大々的な機材を使うようなイメージですが、実際にはそういうものではなく、細かな手作業で行われるものです。


人工授精体験談(体外受精へのステップアップは?)

体験談の中には成功ばかりではなく何度か頑張ったけれど残念ながら妊娠に至らなかった、というものもあります。体験談を寄せている方のステップアップのタイミングについては、人工授精を5回程度チャレンジして、妊娠に至らなかった場合というのが多いです。
やはり4回〜5回をめどに考えるのかもしれません。しかし体外受精は費用面でも負担が大きいため、続けるかどうか検討する夫婦も多いようです。ぜひあせることなく、話し合いの上で決定してくださいね。

体験談の中では、子宮頚管の粘液が少ない女性や、チョコレート嚢腫がある女性、また男性不妊がある夫婦がよく人工授精を行っていました。全ての体験談に共通していたのは、「夫婦でよく話し合って、どちらに原因があるとかいうことを責めるのではなく、2人で協力して行った」ということ。
人工授精は、男性、女性ともに負担になることもある治療法ですしチャレンジしたからと言って必ず妊娠できるものではありません。そのため「辛い」と感じることもあるかもしれません。しかし、何度かチャレンジするうちに妊娠できる可能性はとても高くなる治療法です。


夫婦2人で二人三脚で、赤ちゃんのために頑張りたいですね。

本日のまとめ

1人工授精とはどんなもの?
2人工授精体験談(踏み切るタイミング)
3人工授精体験談(人工授精の流れ)
4人工授精体験談(体外受精へのステップアップは?)