出産準備に必要なこれだけは忘れないで

jyunbi

出産を迎えるにあたって、何が必要なのかな?何があったら便利なのかな?いろいろ準備しないといけないのはわかるんだけど、どこから手をつけたらいいんだろう?入院予定の産院から、持ち物リストはもらったけど、これだけで本当に足りるのかな……

不安になっているプレママさんは、たくさんいらっしゃいますね。出産や産後に向けて、妊娠中から必ず用意しておきたいものをまとめてみました。


出産準備に必要なこれだけは忘れないで


あなたはもう親になる
当たり前の事ですが、出産すれば、あなたはその子の親です。妊娠するのも、出産するのも、育てるのも自分自身。どんな生活をすればいいのかな。どんなふうに子どもと接すればいいのかな。

戸惑いながら、現実感がないまま、それでもしっかりと子どもを育てていかなくてはなりません。そのハートが、何より最初に準備するべきモノです。しっかりとイメージトレーニングをしておきましょう。


出産に向けて準備するモノ
まず、出産・入院にあたって、何が産院で準備されるのかを確認しましょう。その上で、必要な物を買いそろえます。
<出産時>
母子手帳、健康保険証、診察券、印鑑
入院手続きで必ず必要となります。あらかじめまとめておき、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。家族にも場所を伝えておく必要があります。

<入院中>
赤ちゃん用品→赤ちゃんの肌着、お尻拭き、ガーゼ、おむつ、おくるみなど。産院で用意されることが多いですので、まず確認しましょう。

お母さん用品→衣類(前開きの寝間着、授乳ブラ、体温調節のために羽織れるもの、靴下、スリッパ)
産褥品(産褥ショーツ、骨盤ニッパーかサポーター、ナプキン、乳首クリーム、母乳パッド)
スキンケア(歯磨きセット、洗顔石鹸、基礎化粧品、化粧品、汗ふきシート、ボディせっけん、シャンプー、リンス、保湿クリーム)

日用品(ティッシュペーパー、タオル、コップ、お箸、小銭入れ、携帯電話・充電器)布物は複数枚用意があると便利です。産院で洗濯できるかどうか調べておきましょう。冷暖房が強い場合があるので、調節用の衣類や保湿クリームはとても役に立ちます。携帯電話は、院内で使っていいかどうかを確認してから用意しましょう。


出産・入院中にあればいいな
必要な物ではありませんが、あったら便利、あってよかったと言われるものを集めました。
出産中……ペットボトル用ストロー(ペットボトルを倒しても漏れないタイプ)、アロマオイル(妊婦に使えるもの)、お気に入りの曲、腰を抑えるためのテニスボール(陣痛中の痛みを軽減)

入院中……ゴミ袋などにできるビニール、育児日記帳、カメラ・充電器、耳栓、アイマスク、お菓子、産院内を移動するときに持ち歩ける貴重品用ポーチ。レターセットを用意し、普段お世話になっている人へ、出産報告を書くのもいいですね。入院中は、赤ちゃんの抱っこ、母乳指導や沐浴指導、おむつ指導、産褥指導、健診などで、案外忙しいものです。暇つぶしの道具を持ち込み過ぎないようにしましょう。


退院時
赤ちゃん退院の際の服、おくるみ、お母さんの服。車で移動する場合はチャイルドシートも用意しましょう。


退院後
赤ちゃん用品……衣類関連(短肌着、コンビ肌着or長肌着、よだれかけ、ロンパースなどベビー服、赤ちゃんの肌着が洗える洗濯洗剤)
哺乳関連(粉ミルク、哺乳瓶、洗浄セット、ガーゼ)
おむつ関連(新生児用おむつ、お尻拭き、おむつ用ごみ袋、ゴミ箱)
バス関連(ベビーバス、沐浴剤orソープ、タオルか手ぬぐい、沐浴布、シャンプー、
湯温計、ベビーローション)
ケア関連(綿棒、爪切り、ブラシ、鼻水吸い、体温計、先のまるいピンセット)
睡眠関連(ベビー布団一式(添い寝じゃない場合)、ベビーベッド、おねしょパッド)
移動関連(ベビーカー、抱っこひも、チャイルドシート、寒い時期は防寒着)

完全母乳で育てる場合は哺乳関連は必要ないのですが、産んでみないことにはどれくらい母乳が出るかわかりませんし、お母さんの体調やストレスで母乳が出なくなることもありますので、用意しておくことをお勧めします。産院おすすめの哺乳瓶を聞いてから購入してもいいでしょう。

ベビーベッドは置かない家庭も多いのですが、他に兄姉がいるお家やペットのいるお家ではベビーベッドを利用した方が安全です。


出産時のお金にあれこれ
補助金申請準備……最近は、自治体でいろんな項目の出産・育児に関わる補助金が用意されています。
出産一時金(42万円)
児童手当(3歳まで1万5千円、中学卒業まで1万円)

乳幼児医療費助成、高額療養費、医療費控除、保育支援制度などそれぞれの申請方法を調べておき、すぐに申請ができるように準備しておきましょう。働いている妊婦さんは、会社で育休産休がとれるか、出産手当が出るか、その手続きについても調べておく必要があります。


タクシー確認
陣痛が始まって産院へ移動する際、車の運転ができる家族がそばにいればいいのですが、いない場合はタクシーが便利ですね。ただ、産気づいたり破水した妊婦さんは乗車拒否、というタクシー会社も少なくありません。ご近所のタクシー会社にあらかじめ確認をしておきましょう。

ここ数年、「陣痛タクシー」というサービスを取り入れたタクシー会社も増えてきています。事前に予定日や自分の住所、出産予定場所を登録しておけば、優先的に配車してもらえ、その場で細かい説明をすることなく運んでもらえます。登録したタクシー会社の電話番号は、携帯の電話帳のトップに登録したり、リビングに張り出したりして、自分以外の家族でもすぐに呼べるようにしておきましょう。

酷い流血があったりよっぽどの緊急性がある妊婦さんの場合は、救急車も利用できますが、救急車を手配するかどうかは産院の判断に任されています。まずは産院に連絡を入れて状況を説明してください。


呼吸法の練習
ラマーズ法や、ソフロロジー法などがあります。出産中、身体に力を入れ過ぎないように、意識して息を吐いてリラックスする方法です。いざという時にするだけではなかなか難しいです。あらかじめ練習しておきましょう。
呼吸法にかんする記事はこちらも参考にしてください。

まとめ
家族が一人増える、ということは、多くのものを準備する必要がありますね。妊娠中は、時間があるように思えても、いつなんどき安静を言われるか、入院することになるかわかりません。つわりが終わって、安定期に入ったころからぼちぼち用意しはじめましょう。

大きなもの、高いもの、ある時期しか使わないものも多いので、レンタルサービスも大いに利用しましょう。いろいろ用意するものがありますが、これからいろいろな楽しい事がまっています。子供の顔を想像しながら子育ての準備楽しんでくださいね。