体外受精の流れが世界一簡単にわかるまめ知識

taigai

タイミング療法や人工授精でもなかなか妊娠できなかった場合の治療法として、体外受精があります。実際にはどんなことをするのでしょうか?体外受精のメリット、デメリットとは?安心して治療を受けられるように、体外受精の正しい知識を身につけておきましょう。

体外受精の流れが世界一簡単にわかるまめ知識

 

まず誤解して欲しくないのは、「体外受精とは受精から着床までのお手伝いをするものであって、受精卵の状態を科学的に操作するものではない」ということです。なんとなく人工的、遺伝子操作、つくりもの、こんなイメージを持っていませんか?それは誤解ですよ。今回は体外受精の簡単な流れとそのメリット・デメリットなどについてご紹介します。


 

体外受精の流れ

1:排卵誘発剤で卵巣を刺激する

体外受精の成功率を上げるために、排卵誘発剤を使用して一度に多くの卵子を排卵させます。これはお母さんの年齢や不妊治療歴で方法が変わります。排卵誘発剤を使用すると排卵が早まるので、使用後は数日通院することになります。

 

2:採卵する

卵巣から卵子を吸引します。超音波で場所を確認しながら、専用の針で排卵前の卵胞を刺し卵細胞と卵胞液を吸引します。細い針ですから痛みは少なく、麻酔なしで行える人もいます。

 

3:媒精する

専用の培養液に浸した卵子に精子をふりかけ、卵管内と同じ環境に設定した機械の中で受精させます。(この時になかなか受精できない場合、後ほど出てくる顕微授精に切り替えることもあります)

 

4:受精卵を分轄胚に育てる

受精卵を培養液で胚に育てます。胚移植するタイミングは初期胚移植と胚盤胞移植の2種類あり、最大で約一週間かけて細胞分裂を繰り返し、胚盤胞と呼ばれ体外で培養できる最大限の状態にします。この頃には将来的に赤ちゃんになる部分が観察できます。

 

5:胚移植する

現在日本では、1回の移植で戻せる胚の数は1つだけと決められています。エコーで子宮の様子を見ながら、カテーテルで培養液ごと吸い上げた胚を子宮底近くに戻します。移植後は1時間ほど安静にした後に帰宅となりますが、その後の日常生活では特に制限はありません。

 


 

胚移植とは?

胚移植には「初期胚移植」と「胚盤胞移植」があります。

「初期胚移植」….受精した胚を2~3日培養し、子宮に戻します。複数育てた中から一番状態の良いものを戻す、最も一般的な方法です。

「胚盤胞移植」….初期胚移植で妊娠しなかった場合に、胚を5~6日と限界まで培養してから移植する方法です。複数育てても胚盤胞にまで育つのは30%ほどですが、培養期間が長いので子宮に戻してからの着床率は高くなります。

 


 

顕微授精とは?

通常の体外受精では、培養液の中に一定量入れた精子が自ら卵子の中に侵入しますが、顕微授精では針のような管で1つの精子を吸引して直接卵細胞に注入します。1992年にこの方法が確立してからは、正常な精子と卵子がそれぞれ1つだけあれば確実に授精する事が可能になりました。

適応するのは精子の動きが極端に弱い人や精子奇形症の人など、通常の体外受精ではうまくいきにくい人です。

 


 

体外受精を受けられるのはこんな場合

・精子に原因がある 

生死無力症や乏精子症など精子に問題がある場合、まずは薬物療法で様子をみます。それでも改善されないばあい、体外受精適応になります。

・卵管に原因がある 

卵管の閉塞や癒着がある場合、適応になります。そのほかにも難治性の不妊や子宮筋腫などの方で妊娠を希望する場合や、原因不明で人工授精などでも妊娠できない場合、適応になります。

 


 

体外受精の費用は?

一般的には複数採卵して使わない分は凍結保存するので、そこまでの過程で30万~60万程度、培養後に子宮に戻す時に15万前後、さらに凍結保存した卵の管理費が年間1万~5万程度かかります。健康保険が適用されないので、全額自己負担です(自治体によっては補助金が出るところもあります)

 


 

体外受精のメリット・デメリット

・メリット

なんといっても効率よく受精させることができます。一般的に人工授精の妊娠率が5~10%とされているのに対し、体外受精は20~30%と圧倒的に確率が高いです。体外受精が適用になるのは、乏精子症や子宮内膜症など、“検査で異常が出るほどではないが一般の不妊治療では妊娠しにくい症状がある”場合なので、この妊娠率はとても貴重です。また、採取した生死と乱視を直接観察できるので、新たな不妊原因を見つけられることもあります。

・デメリット

体外受精のデメリットとしては、以下の副作用が出る可能性があることです。

「卵巣過剰刺激症候群」

排卵誘発剤により卵巣が腫れることがあり、それによって腹水や血栓症を起こす場合があります。必ず発症するものではありませんが重症化すると危険なので、お腹の張りや吐き気、息苦しさなど異常を感じたらすぐに受診しましょう。

「多胎妊娠」

現在日本では基本的には一度に子宮に戻す胚は1つと決まっているので、体外受精=多胎妊娠しやすいというものではなくなっています。しかし、高齢での体外受精やその他条件によっては、2つの胚を移植することが許されています。一度に2人や3人の赤ちゃんを授かるのは素敵だと思うかもしれませんが、やはり多胎妊娠は単体妊娠よりも様々なリスクがあります。

 


体外受精についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。最後に今回の話をまとめておきます。

【体外受精の流れ】

【胚移植とは?】

【顕微授精とは?】

【体外受精を受けられるのはこんな場合】

【体外受精の費用は?】

【体外受精のメリット・デメリット】

現在では40人に1人の赤ちゃんが体外受精で誕生しています。またこれまでに体外受精が原因で体力面、精神面に問題が出たことはありません。体外受精は不妊に悩む多くの夫婦の希望になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です