基礎体温ガタガタだけど大丈夫?

 

kisotaion
基礎体温は毎日のリズムを知るために大切と言われていますね。不妊治療中の人はもちろん、排卵日を気にしている人も毎日測っているのではないかなと思います。基礎体温は細かい体温を測っているだけあって、ちょっとした体調の変化も読み取れます。基礎体温がガタガタなあなたへ伝えたいメッセージがあります。


 

基礎体温ガタガタだけど大丈夫?


基礎体温とは
基礎体温は、朝起きて体を動かす前の安静時の体温です。そのため、枕元に婦人体温計を用意して、なるべく決まった時間に環境の変化がないように測るのがベストです。毎日測定していると、大まかに、1ヶ月のリズムでみると高温期と低温期の2段になっているのがわかってきます。そのリズムがどのくらいの周期なのか、高温期と低温期の差がちゃんとあるかなどで、健康状態の把握と、排卵時期を知ることができます。

高温期と低温期がだいたい2週間ほど交互にくるのが望ましいですが、低温期が続く、高温期が短い、生理の間も高温期が続くようなら、なにか婦人科の病気の疑いがあるかもしれません。ただ、最近は不妊治療専門のクリニックでは、基礎体温を測らなくていいといっているところもあります。

基礎体温が正常であるのに、無排卵の場合や黄体機能不全の方もいるからです。基礎体温は毎日測らなければならないことで治療中の方のストレスになることも多く、クリニックでは血液検査やエコー検査でほとんどのことがわかってしまうので、負担になる基礎体温はやめてしまおうという考えです。無理せず、体のリズムを知る一つのツールだと思って、参考程度にチェックするくらいに基礎体温を測るのが良さそうです。


基礎体温の知識
基礎体温は高温期と低温期の2層になっていることはみなさんご存知だと思いますが、詳しく改めて見直していきましょう。

低温期と高温期の間に、排卵と、生理が起こります。低温期の後に少しジグザグしたようなさらなる低温の後に高温になるこの間に排卵は起こっています。高温期からガクッと下がって低温期になるころが生理です。

この周期はホルモンによって成り立っていて、卵胞ホルモンによって卵が成熟して排卵が起こり、排卵が起こると黄体ホルモンによって子宮に内膜の厚みを保って着床を手助けします。その内膜が剥がれ落ちて生理となります。この卵胞ホルモンと黄体ホルモンの交代が体温にあらわれています。そのため、排卵や生理はホルモンが分泌されて1日か2日ほど経ってから起こるので、基礎体温の方がいち早く排卵や生理を知ることができます。


基礎体温がガタガタの人の原因と対策について
lgf01a201412301400
基礎体温はこのようにホルモンの分泌を知る大事な手がかりです。このリズムが狂っていると、なにか原因があるかもしれません。

低温期が長い場合
まず、低温期が長めに続く人ですが、不排卵月経の疑いもあります。冷え性で血行が悪く、生理の周期も長めになりがちです。排卵されていても、血行が悪いとなかなか成熟せず、妊娠のチャンスが少なくなってしまいます。過度な運動や、冷え症で血行が悪くなり、卵巣機能が低下していることが考えられるので、しっかり体を温めること、適度な運動を心がけてください。


高温期が続く人は
月経後も高温期が続くのであれば、子宮内膜症の疑いがあります。子宮内膜症は月経血が子宮や卵管を逆流していることが考えられます。子宮内膜症は個人差が大きい病気なので、お医者さんに相談し、経過をよくみてもらう必要があります。もし、今月だけ高温期が続いていて生理がまだこないでいるようならば、妊娠している可能性があります。


高温期が短い場合
高温期が短いと黄体機能不全の可能性があります。ホルモンのバランスが崩れ、妊娠しにくくなっていますので、なるべく婦人科への相談が必要です。子宮などの冷えが原因のことが多いようですが、高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣、甲状腺機能の疾患が潜んでいるかもしれません。

高温期が短いと受精卵の成長を助けることができなくなりますので、妊娠しづらくなってしまいます。黄体ホルモンをサプリや注射で補充することで改善されるので、あまり心配せずに、受診されることをおすすめします。薬の副作用を気にする方も多いと思いますが、急激に太ったりすることなどありませんので、大丈夫です。


高温期がない人は
低温期が続いたり、ギザギザしていて2層に分かれている様子がない場合、これも低温期が長い人と同様、無排卵の可能性があります。ですが、ストレスや過度なダイエットで起こることも多いので、2ヶ月ないし3ヶ月ほど測定してみて、高温期がでてくるようであれば問題なさそうです。

基礎体温で色々なことがわかってくると思います。面倒ではありますが、一度は体のチェックをしてみ気持ちで測ってみることをおすすめします。

基礎体温がガタガタで、きれない2層になっていない場合も、単純に冷えからくるもの、ストレス、過度な運動やダイエットが原因のことがよくあります。生活習慣を見直して、基礎体温を3ヶ月ほど測っている間に改善されれば、問題はありません。心配であれば、受診して必ず相談することが望ましいですが、基礎体温はなかなか測りにくいものです。あまり過敏にならずに、1日忘れてしまっても、継続してみていきましょう。


本日のまとめ

基礎体温ガタガタだけど大丈夫?
基礎体温とは?
基礎体温の知識
基礎体温がガタガタな人の原因と対策について
低温期が長い
高温期が続く
高温期が短い
高温期がない