高齢出産とは?私、年齢40代ですけど産めますか?

kourei
35歳以上で初の出産を迎えることを、高齢出産といいます。とくに40代以降は様々なリスクが上がる年齢と言われていますが、実際にはどのようなリスクがあるのでしょうか?また、気をつけなければいけないことは?高齢出産についてご紹介します。


 

 

 高齢出産とは?私、年齢40代ですけど産めますか?


 何歳からが「高齢」出産なの?

日本産婦人科学会によると、高齢出産とは35歳以上の初産婦と定義されています。ですが、正確には「統計上または医学上、女性が40歳以上で出産すること」となっています。以前は30歳以上の初産婦は全て高齢出産とされていましたが、特に40歳以上になると様々な体の変化が見られることから1993年に変更になりました。

 


 高齢出産のリスクとは?
高齢出産の場合、一般的な妊娠・出産に比べて様々なリスクが生じる可能性が高いです。ただし、あくまでも“可能性が高い”というだけで、本来はすべての妊婦さんに起こりうることばかりなんです。イメージだけで高齢での妊娠を諦めるのではなく、まずは正しい知識を身につけましょう。

妊娠率の低下 
高齢になるにしたがって、妊娠すること自体が困難になってきます。それは卵子の減少と老化が原因です。実は女性が一番多く原始卵胞(卵子のもと)を持っているのは、胎児の頃なんです。妊娠20週ころがピークで、卵巣に700万近い原始卵胞を持っています。ここからどんどん減少し、出生時には100万~200万個、思春期に月経が始まる頃には約30万個にまで減少しています。これは減る一方で増えることはなく、やがて50歳前後で閉経します。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) 
これは特に初産の人がかかりやすく、また高齢になるほどかかりやすい症状です。悪化すると胎盤の機能低下につながり、早産等の原因にもなってしまいます。

分娩が長引く
高齢で初産を迎える場合、産道が硬くなっていて難産になりがちです。一般的には初産で30時間、経産婦で15時間を越える場合に遷延分娩(お産に時間がかかるということ)と判断されるのですが、あまりに長引くと赤ちゃんが苦しくて仮死状態になることがあるため、医師の判断で途中から帝王切開に切り替えることがあります。

流産・早産 
高齢出産そのものが流産や早産を引き起こす原因というわけではありません。ですが、高齢による体力の低下や疲労によってストレスが溜まったり、予想外の怪我をしてしまうことがあります。

合併症
もともと何か疾患を抱えていたり高血圧気味だったりする場合、特に高齢出産だとリスクも上がりやすいです。

パートナーの老化 
女性よりは影響が少ないと思いますが、やはり加齢による精子の運動率の低下は受精率も下げてしまいます。

これらの原因は、主に卵子の老化と母体の体力の低下によるものです。上でもご紹介したとおり、女性は生まれながらにして一生分の卵子の素を持っています。つまり、母体が40歳の場合、卵子も40歳となります。この老化が様々なリスクを上げているのです。

特に大変なのは、卵子の劣化・老化により染色体の異常が起こりやすくなっているということです。有名なのは、「ダウン症」ですね。次はこのダウン症について詳しくご紹介します。

 


 知っておきたい正しい知識:ダウン症について
高齢出産のリスクについて書かれているものを見ると、必ずと言っていいほどダウン症の話が出てきます。このダウン症とは一体どのようなものなのでしょうか。

ダウン症候群とは?
通常染色体は2本で1対になっているのですが、ごくまれに21番染色体が3本(トリソミー)になることがあります。これが、ダウン症です。

原因は?
高齢による卵子の劣化・老化により、染色体異常が起こりやすくなっているためと考えられています。また、男性側に原因がある場合もあるようです。染色体異常は本当に偶然的なものであって、一概に高齢であることを理由にすることはできません。

確率は?
25歳では1200人に1人、35歳では300人に1人、そして40歳以上になると100人に1人まで確率は上がります。ただし、いくら高齢出産が増えつつあるといってもそもそも40代の出産自体少ないので、現状は80%以上が35歳以下の母親から生まれています。ダウン症は予防はできません。しかし、出生前診断で染色体異常についてはかなり正確にわかるようになりました。事前に知っておきたい場合は検討してみるといいですね。

 


 悪いことばかりじゃない!高齢出産のメリット

経済面の安定
夫婦ともに40代となれば、経済的にもゆとりがある場合が多いですよね。お父さんの仕事が安定していると産後の人生設計も立てやすいですし、これは子供を育てる上で重要なポイントです。

●精神的なゆとり
人生経験が豊富で、また多くの人に待ち望まれているという環境は、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもプラスになると思います。

お母さんが若返るかも?
妊娠~授乳中は女性ホルモンが今までにないくらい大量に分泌されるので、肌が綺麗になります。また、女性ホルモンの増加は代謝を上げて冷え性の改善にも役立ちます。高齢出産であることを自覚して生活することも重要です。

普段以上に生活習慣や食事に気を使うお母さんが若年層のお母さんより多いので、妊娠したことで結果的に健康的な体を手に入れたという人もいます。


高齢出産についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

現在は医療技術も進歩し、高齢や疾患を抱えたリスクのある妊婦さんがより安全に出産できる環境になってきています。また、不妊治療や体外受精の技術も向上し、今後ますます高齢出産の方が増えてくるかもしれません。

これを読んで、出産に向けて悩んでいる気持ちが少しでも前向きになってもらえればと思います。