あなたの妊活費用をいますぐチェック!

ninnkatsu hiyou
妊活ってイメージだけでお金がかかりそうなイメージがします。保険適用外になるので、負担金は100%。これが高価な理由です。でも、病院によっては、費用を明確に提示していますので、家庭の財経事情を考慮して、妊活を始められます。

妊娠しない場合、もっともっとと高額な妊活に突入していくわけですが、そのためにもいくらかかるのか、知っておく必要はありますよね。


あなたの妊活費用をいますぐチェック!


保険は適用できる?できない?
やはり、基本は保険が適用されません。妊活の途中で、婦人科の病気が見つかった場合はその治療には保険が適用されます。病気を治療することで、妊娠しやすくなるということもありますので、その場合は、保険が適用される治療として、妊活を続けられます。


不妊治療の費用
具体的な妊活の種類によって、かかる費用をみていきましょう。

・ タイミング法の場合
もちろん、タイミング法が一番費用は安くなります。最初の検査やエコーで3万円〜8万円がかかりますが、エコーで卵胞が育っているかどうかみていくだけなので、診察は1回3千円から5千円です。

卵胞の育ちによっては、薬の服用や排卵前に排卵を促進する注射を受けることがありますが、薬も注射もそれほど高価ではなく、5000円をでない程度に会計を済ませられることが多いようです。

・ 人工授精の場合
おおよそ、15000円ほどで人工授精は受けられます。その前に、卵管造影検査をされる方が多いと思います。卵管を通って、受精卵がちゃんと子宮に到達するかどうか検査するもので、左右にありますので、1本でも通っていれば人工授精が可能です。

最初の検査でクラミジアの経験があったとわかった方は卵管の癒着がみられることが多いので、必要な検査になります。卵管造影検査は6000円から15000円ほどと病院によって違いはありますが、1万円程度はかかると思った方がいいと思います。

・ 体外受精の場合
体外受精が当然のことながら、一番費用がかかります。病院によって、金額が大きく差がでますが、使用する注射や受精卵の培養によることが多いので、病院によってというより、方法によって違うといった方がいいかもしれません。

さて、おおよその金額ですが、1回30万円から70万円となります。30万円は簡易体外受精で卵子を取り出す手術や移植は通常通り行うものの、卵子を育てるための注射を行わないというもの。1回の手術に、とれる卵子は少なくなりますので、ほぼ1回分の卵子をとるだけです。

それに比べて、アンタゴニスト法とよばれる、早発排卵を防止する注射を毎日し、とれる卵子を増やしていく方法では2回ないし3回分の移植に使える卵子を採取することができます。どちらがいいかは体質などによると思いますので、こちらがオススメというものはありません。

2回もしくは3回分の卵子が採取できれば、初期費用は高いですが、こちらの方が負担が減る場合もあります。


体外受精の費用ってどのぐらい?
ninnkatsu hiyou

まず、体外受精のスケジュールですが、最初の生理から3日目からホルモンを整える周期に入ります。薬を服用しながら、エコーで卵子や内膜を確認していきます。次の生理がきたら、採卵のための注射を行う周期です。

自分で毎日注射をしながら卵胞を育て、個数が増え、採取できるようになったら、採卵手術となります。これまでに1ヶ月半。採卵の後、すぐに移植する病院もあるようですが、注射で卵胞を育てた場合は卵巣が腫れている事が多く、なかなかすぐ移植できる環境とは言えません。

そのため、次の生理がくるまで移植は待ち、その間、受精卵は凍結してもらうことになります。移植のために、内膜の状態をチェックしながら、移植に向けて、薬を服用していきます。

流れはこういった感じになります。採卵、移植に関する手術はだいたい15万円。そのため、簡易で行うと手術費用の30万円が最低ラインとなってきます。その他は長期的にかかる時間分の薬の服用や、診察の回数、注射代金によって70万円までかかってしまうことになります。

その中でも、費用の大半は注射代金です。注射代金を少し細くみていきましょう。

卵巣刺激にはゴナールエフ(人尿由来でないために、アレルギーやBSEの危険性がない)、フォリスチム(同じく人尿由来ではない)、フェリング(アルゼンチンの閉経婦人尿を原料としている)、その他、テイゾーやフジ(中国の閉経婦人尿を原料としている)などがあります。

そして、早発排卵を防止するために、セトロタイド、ガニレストが卵巣刺激の注射に加え、採卵1週間前には毎日注射していきます。

閉経したおばあちゃんの尿が原料になっているということで、嫌悪感がある方もいらっしゃいますが、症状に応じた薬剤が処方されますので、希望通りにはならないことも考えられます。それでも、一番よく使われるのはゴナールエフで人尿由来ではないけれど、値段が高くなります。

だいたい、このゴナールエフ®の注射で刺激すると、薬だけで20万円ほどかかります。この他に、注射器、針、注射指導料、血液検査、エコーなどが診察のたびに追加されます。卵巣刺激に日数がかかると、追加でまた薬代がかかってきます。

低反応の人にはどうしても人尿由来に頼らなければなりませんが、10万円ほどに薬代は抑えられるようです。

その他に、受精卵の培養代金や、凍結、融解の代金が加算されますので、やはり、体外受精には70万円ほどかかると見積もりしておくのが無難です。自治体から、助成金がおりることもあります。

採卵と移植を行えば15万円、移植のみなら7万5千円が基本になりますので、各自治体へ対象かどうか確認することをオススメします。

まとめ
保険は適用できる?できない?
不妊治療の費用
体外受精の費用って高額?