妊婦必読!これにもカフェインが入っていますよ

ninnpu kafein
妊婦さんには気をつけたいことがいくつかありますが、その一つにカフェインの問題があります。過剰摂取しなければ大丈夫というのは本当でしょうか。意外と知らないカフェインが入っている食べ物や、カフェインの影響などご紹介します。


妊婦必読!これにもカフェインが入っていますよ


カフェインがなぜ妊婦に影響があるのか?
カフェインといえばコーヒーに入っているなど誰もが知っていて気軽に摂取しているものですがどうして妊婦はいけないといわれているのでしょうか。

☆赤ちゃんへの影響
妊婦が摂取したカフェインは胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに吸収されます。お腹の赤ちゃんはまだ内臓が十分に発育していないため、カフェインを体内で分解し排出することができません。

低体重児・・・未熟児(低体重児)になる可能性が高まります。

染色体異常・・・カフェインに限らず喫煙、飲酒などの影響もあり、染色体異常の危険が高まります。

出産後の異常・・・カフェインを摂取すると子宮内の血流が悪くなります。胎児への必要な酸素、栄養が届かなくなるので胎盤の血管が収縮し始めて低酸素状態を引き起こしてしまいます。その影響で落ち着きのない子になりやすく、ひどい場合は発達障害や、最悪の場合胎児死亡もありうるといわれています。

☆妊婦への影響

貧血・・・カフェインは鉄や亜鉛などのミネラル吸収を阻害する性質があるので、貧血になりやすくなるといわれています。
カルシウム不足・・・カフェインの影響で尿やカルシウムが排出されやすくなってしまい、胎児や妊婦にとって大切なカルシウムや鉄分の吸収が妨げられてしまいます。

不眠・・・カフェインの影響で不眠状態になり、落ち着きがなくなったり睡眠不足になったりします。

流産・早産の危険性・・・カフェインの摂取量が1日に200㎎を超えていると流産や早産の確率が2倍になるといわれています。


カフェインが入っている飲み物
ninnpu kafein

カフェインはコーヒーに入っているだけではなく、意外と身近に口にするものに入っていることもあります。カフェインは過剰摂取しなければ大丈夫です。一般的に1日に300㎎(2~3杯程度)以下ならいいといわれています。

☆コーヒー
誰もが知っているカフェインが入っているコーヒーですが種類や飲み方によってカフェイン量が変わってきます。(1杯140ml)

インスタントコーヒー・・・56㎎
ドリップコーヒー・・・95㎎
エスプレッソコーヒー・・・52㎎
カプチーノ・・・47㎎
カフェラテ・・・47㎎

ノンカフェインといわれているコーヒーも1㎎含まれているので過剰摂取に気をつけましょう。コーヒーよりも紅茶やお茶のほうがカフェイン多量なので気をつけましょう。

紅茶・・・70㎎
抹茶・・・45㎎
玉露・・・140㎎
煎茶・・・28㎎
緑茶・・・28㎎
番茶・・・14㎎
玄米茶・・・14㎎
ほうじ茶・・・28㎎
ウーロン茶・・・28㎎
ウーロン茶にも含まれていることはあまり知られていません。お茶の中では麦茶がカフェイン0㎎なので安全です。

☆その他の飲み物

ココア・・・45㎎
コーラ・・・34㎎
オロナミンC・・・18㎎
デカビタC・・・21㎎
リポビタンD・・・50㎎
チョコレートを含む飲み物や意外と栄養ドリンクにもカフェインは含まれます。
カフェインを摂取しない方法

<関連記事> 母乳にカフェインが影響する7つの原因


カフェインを摂取しない方法

☆飲み物の代替
コーヒーなどが好きで控えるのが辛い人もいるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんのためにやはり控えて、他の飲み物を飲むようにしましょう。ノンカフェインでおススメの飲み物がいくつかあります。

タンポポコーヒー・・・タンポポの根から作られているノンカフェインのコーヒーです。実際のコーヒーより少し風味が落ちますが、慣れるとコーヒーのように愛用できるようです。

ハーブティー・・・ハーブティーはとても種類が多く、ノンカフェインばかりではないので、ハーブティーを扱っている専門店などでノンカフェインかどうかを調べてから購入することがおススメです。妊婦におススメのハーブティーはローズヒップやカモミール、ラズベリーリーフなどがあります。

☆工夫
毎日のようにコーヒーをよく飲む人が急に控えるのは難しく、ひどい人は禁断症状が出てしまい、逆効果になってしまいます。徐々に量を減らす工夫をし、カフェインとノンカフェインの飲み物を上手に飲むようにしましょう。飲む回数を減らす、マグカップのサイズを小さくする、コーヒーを薄めるなど工夫することでストレスなくカフェイン摂取を減らすことができます。


カフェイン以外にも気をつけたい飲み物や食べ物
飲み物ではもちろんお酒は厳禁です。食べ物はバランスよく摂取したいものですが気をつけたい食品がいくつかあります。

☆生魚
マグロなどの赤魚は水銀含有量が多い可能性があるので妊娠中は特に注意が必要です。

☆スパイスなどの刺激物
子宮の収縮を促進する恐れがあるので、過剰摂取しないようにしましょう。

☆生食
チーズや生ハム、スモークサーモンなど食中毒の危険が高まるので妊娠中は避けましょう。

☆ハーブ
妊婦におススメのハーブティーがある一方、避けたいハーブやハーブティーもあります。ローズマリーやジャスミン、セージやアロエなどは早産の危険が高まるので妊娠中は避けたほうがいいでしょう。

まとめ
<妊婦必読!これにもカフェインが入っていますよ>
カフェインがなぜ妊婦に影響があるのか?
カフェインが入っている飲み物
カフェインを摂取しない方法
カフェイン以外にも気をつけたい飲み物や食べ物