胎動を感じる!妊娠5ヶ月の過ごし方

ninnshin 5kagetsu
5ヶ月では、初めて胎動を感じる!と興奮するかもしれません。今まで、胎児の大きさに比べて、羊水が多かったために、動いてもお腹まで振動することはありませんでした。ようやく、お腹の赤ちゃんも胎動を感じるくらいの大きさになってきました。

いつ頃からというのは個人差があるようですが、5ヶ月の間に初めて胎動を感じることが多いようです。これからは徐々に出産が近づくにつれ、胎動で赤ちゃんの様子を確認していきます。もし、変化があればすぐに病院へ。

胎動はお腹の赤ちゃんとの大事なコミュニケーションになっていきます。

妊娠5ヶ月は安定期です。流産の危険も減ってきますので、やっと一安心といったところでしょうか。


胎動を感じる!妊娠5ヶ月の過ごし方


妊娠5ヶ月のころの身体の変化
子宮は大人の頭くらいの大きさになります。ずいぶん大きくなりましたよね。そのため、外見からもお腹の膨らみがわかるほどになっています。検診では血圧、体重、尿、むくみなどの検査に加えて、お腹のまわりのサイズも測っていきます。

実際は胎盤の大きさなどはエコーで測りますので、お腹の大きい小さいは問題ではありませんが、ダブルチェックの意味で測っていきます

バストも大きくなってきます。アンダーバストも子宮の膨らみが反映して大きくなってしまうので、今までのブラではとてもきついと感じられると思います。出産後のことも考えて、ついでに授乳もしやすいブラを購入しておくのがおすすめです。

通常のサイズからワンカップほど大きくなることが多いようなので、ワンカップ大きめを目安に買うといいかもしれません。

安定期に入り、つわりからも解消されると赤ちゃんとの生活を思って、ワクワクすることだと思います。また、二人目の場合は、安定期に入って気持ちが落ち着いて、ついつい上の子を思って無理してしまいがちです。

安定期とはいえ、子宮頸管が短くなる、切迫流産になるなど、危険もいっぱいです。どちらも早めの処置で最悪の事態は免れることが多いですが、無理は厳禁です。


赤ちゃんの様子
赤ちゃんの成長は早く17週で150gほどが19週で250g程度にまで成長します。産毛が全身に生え、体温を守ってくれるようになります。脂肪も徐々に付き始め、赤ちゃんらしい体つきになっていきます

それと同時に筋肉も付き始め、羊水の中でクルクルと自由に回っていた赤ちゃんがキックしたり、指しゃぶりをしたりと、動き回るようになります。


ママの体験談
ninnshin 5kagetsu

  • つわりが終わる人が多いのに、なかなかつわりが治まらずに吐き続けていました。おかげで体重は5kgも落ちてしまい、赤ちゃんが無事に育っているか心配しました。それでも、本当にひどい時は病院で点滴をしてもらうと吐き気止めのおかげか、2、3日は楽に過ごせました。
  • つわりはひどくありませんでしたが、眠くて眠くて大変でした。土日はひたすら寝るのを繰り返しました。
  • 子宮頸管が短いと診断され、お腹の張り止めを服用しながら、ずっと自宅安静でした。
  • 5ヶ月に入り腹帯をしたら、楽になりました。もっと早くからしておいてもよかったかも。

妊娠5ヶ月プレママの過ごし方と注意点
ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌のせいで、皮膚がかゆくなることがあります。熱も帯び、乾燥しやすくなりますので、かゆくなったらすぐに医師に相談してください。かゆみ止めの塗り薬を処方されることもありますし、保湿するように指導されたりします。

5ヶ月を過ぎてくると、お腹もどんどん大きくなってきます。赤ちゃんのために栄養をとることも大事ですが、あまりカロリーを摂取してしまうと、妊娠糖尿病のリスクもでてきます。

ジャンクフードや塩分の多い外食は妊娠高血圧症のリスクなど、妊婦ならではのトラブルがたくさん待ち受けています。それでも、赤ちゃんの内臓もしっかりと形成されると、ママの身体も空腹感が増してくるのも事実です。

医師の指導の通り、体重管理とカロリーを考えて食事を摂るようにしましょう。油物や甘いものを食べたくなりますが、特にチョコレートにはカフェインが含まれていますし、赤ちゃんにとって、どうかな?と一度考えてから食べるようにすれば、取りすぎを避けれますよ。

そろそろ、母親学級にも参加しましょう。一人目の時は特に知らないことだらけで、不安になるものです。病院でのパパママ学級は、もう少し先のことですが、自治体が主催する母親学級では、無料で参加できますし、相談も可能です。

ママ友作りにも役に立ってくれます。同じころに出産する人ばかりなので、自然とお友達になりやすいようです。出産してからは、ママと赤ちゃんの二人の世界に閉じこもって引きこもりがちになってしまいます。

体力的には回復しているのに、赤ちゃんのお世話で精一杯という時にもすでにママ友をつくっておけば、お互いに相談しあったり、励ましあったりと、引きこもりがちな心を開いてくれます。

そして、5ヶ月目の戌の日に安産祈願に行くのが日本古来の風習にあります。戌の日でお祓いしてもらった腹帯をするのがいいとされています。お腹が固定されると楽になります。安定感もあるので、赤ちゃんにもいいのではないかと言われています。

大きくなりすぎるお腹を抑える効果もあるようです。戌の日に行くのが風習ではありますが、妊婦の体調が一番大事です。戌の日にとらわれずに体調のいい日を見計らっていくのが現在では多くなっています。

予約が必要な神社はほとんどありませんので、ホームページなどで祈祷の時間などをチェックしてからいくと待ち時間が少なくおすすめです。

まとめ
胎動を感じる!妊娠5ヶ月の過ごし方
妊娠5ヶ月のころの身体の変化
赤ちゃんの様子について
ママの体験談とは
妊娠5ヶ月のプレママの過ごし方と注意点