妊娠している時に風邪をひいたらどうする?

kazeyobou

妊娠中に風邪をひいてしまう妊婦さんは意外と多いようです。妊娠中は抵抗力が落ちているので普段より風邪をひきやすいと言えるようです。そして抵抗力が落ちているので、妊婦さんがひいてしまう風邪は治りにくく長引きやすいといわれています。風邪ひいたらまずするべき事をお伝えします。

妊娠している時に風邪をひいたらどうする?

 

自分の体内に異物が入るとそれを排除しようと免疫が働きます。しかし妊娠中はその免疫力が弱まり、抵抗力が落ちている状態になります。どうして免疫力が弱まっているかというとお腹の赤ちゃんが関係しています。実は免疫にとってお腹の赤ちゃんも異物といえます。つわりもその免疫の働きによるものが大きいといわれています。そのままの状態だとお腹の赤ちゃんが排除されてしまうかもしれないのです。それを防ぐため妊娠中の体は免疫の力を弱めるようになっているのです。

では、風邪をひいてしまったらどうしたらよいのでしょうか?

 

自然治癒力に頼る

妊婦さんはやはり薬に頼るというよりは、その他の方法で治す方がよいのです。さまざまな方法があるので、実践して治すようにします。

☆よく眠る

ぐっすり眠らなくても、体を横にするなどの休息も良いといわれています。睡眠は免疫力をアップさせます。

 

☆部屋の湿度を上げる

部屋の湿度は60パーセント前後が必要です。温かくし、湿度も忘れないようにします。加湿器がない場合は、やかん等の蒸気や、洗濯物を室内に干すなど、工夫しましょう。

 

☆温かい飲み物を飲む

風邪のときにおススメな飲み物はいくつかあります。ビタミンCが含まれていて、風邪を治すのに力を貸してくれる『ローズヒップティー』、『オレンジジュース』、炎症を抑えてくれる効果がある『葛湯』、体を温めてくれる『しょうが湯』、喉をいたわってくれる『はちみつレモン』水分補給できる『ポカリスエット』などです。

 

☆食事に気をつける

塩分が高いものや、菌が残る可能性の高い生物は避けます。塩分控えめで、火を通して食事をとるようにしましょう。また、サラダなども体が冷えてしまうので、温野菜に切り替えましょう。

風邪に効く食べ物は、水分補給にもなり、ビタミン豊富なミカン、レモン、グレープフルーツ、きんかんなどのかんきつ類。風邪の回復を早めてくれる働きのあるブロッコリー、ニンジン、ピーマン、カボチャなどの緑黄色野菜。粘膜を保護し、傷んだ粘膜の再生に必要なBカロテンを多く含むレバー。新陳代謝を上げてくれて発汗作用があり、疲労回復にも役立つしょうが。殺菌効果が高く、結構増進、スタミナ増強などのこうかがあるネギ、ニラ、ニンニク。ウイルスの活動を抑えてくれるジャガイモ。粘膜の再生不良や乾燥を防ぎ、栄養価が高い卵。これらがお勧めの食材ですのでとるようにしましょう。

 

☆サプリメントをとりいれる

ビタミンCのサプリ、葉酸のサプリなど、妊婦でも摂取できるアプリがあります。これらを取り入れることによって食品よりも効率よく栄養をとることもできます。

 

☆漢方薬をとりいれる

一般的には葛根湯や小青竜湯が有名です。そのほか、妊娠時期や風邪の症状別に処方されるようです。のどの痛みには、天津感冒片、養陰清肺湯、麦門冬湯、拮梗石膏。寒気の風邪には葛根湯、桂枝湯、香蘇散。鼻水には小青竜湯がよいといわれています。ただし、漢方薬といっても薬は薬です。独断と偏見で飲むのは大変危険ですので、必ず専門、または医師の指示に従ってきちんと処方してもらってください。

 

☆薬をとりいれる

自然治癒力、といっても限界があります。そんな時は無理をせず病院に行きましょう。妊婦さんでも飲める薬はたくさんあります。風邪をそのままにしておくことの方が危険な場合がありますので、病院で薬を処方してもらいましょう。風邪の症状がひどい時は一般的に『PL顆粒』が処方されます。この薬は古くから使われている風邪薬で、4種類の成分が配合されています。解熱・鎮痛薬のサリチルアミドとアセトアミノフェン、抗ヒスタミン薬のプロメタジン、お茶の成分のカフェインです。これらの成分は妊娠中でも比較的安全と考えられています。そのほか、症状に応じていろいろ薬が使われます。熱や痛みがあれば解熱・鎮通薬を、咳がひどい時には鎮咳薬や去痰薬を、鼻水やくしゃみには抗ヒスタミン薬が使われます。

どれも長期服用はできないので短期間になると思いますが、医師の指示に従って服用してください。

このようにいくつか自然治癒力で風邪を治す方法など紹介してきましたが、風邪をひかないことが一番です。うがいや手洗いをしっかりして少しでも元気に過ごせるといいですね。もし風邪をひいてしまっても軽い風邪なら自然治癒力で治せます。風邪が悪化しないように安静に過ごしましょう。

 


まとめ

妊娠している時に風邪をひいてしまった時の対処法

自然治癒力に頼る

☆睡眠、休息をよくとる

☆部屋の湿度は60%前後にする

☆食事に気をつける

☆サプリメントをとりいれる

☆漢方薬をとりいれる

☆病院の薬を飲む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です