妊娠しやすい時期ってこんな時って知ってました?

ninshin
結婚をして、子どもの誕生を願う妊娠をしたい人、一方、パートナーとの子どもはまだ考えていない人、にとって、とても気になるのが「いつなら妊娠をするのか」ということだと思います。実は、1年のうちに多い人で17回程度、少ない人では13回程度以下、それも1回につき、たった半日から1日しか、そのタイミングが合う時はないのです。また、タイミングがあったとしても、妊娠する確率は2
割程度だといわれています。では、その時は、どのようにして知ったらいいのでしょうか。そんな疑問にお答えします


妊娠しやすい時期ってこんな時って知ってました?


妊娠しやすい時期とは
妊娠とは、受精卵が子宮内膜に着床することをいいます。
妊娠が確定するには、まず受精をしなくてはいけません。受精には、精子と卵子が必要ですね。そこで、まず精子から考えてみましょう。1度の射精に含まれる精子は約2億個。これらはすべて卵子にたどりつくように子宮内を進みますが、多くはたどり着く前に死んでしまいます。

その寿命はおよそ23日しかありません。では、次に卵子です。毎月のように排卵されますが、その寿命はたった12時間~24時間です。精子に比べると随分と短いですよね。これらの寿命について考えると、排卵日よりも後でないと妊娠しないという訳ではなく、排卵日の前後3日間が妊娠をしやすい時期ということになります。では、この排卵日とは、どのような日なのでしょうか。


排卵日の話
女性の体には、左右2つの卵巣があり、卵巣には未熟な卵子があります。この未熟な卵子は、女性が生まれた時に約50万個もありますが、その数は成長とともに少しずつ減っていきます。それぞれの卵子が成長をすると、卵子を包んでいる卵胞から出てきて、卵管へと進みます。これが「排卵」です。一般的に、月経が28日周期の女性の場合には、排卵は、月経開始から14日目に起こります。生理が終わってから数えるのではなく、始まった日から数えて下さい。

妊娠をするには、この排卵日を知ることが重要です。


排卵日ってどうやったら分かるの?
もちろん、病院で調べてもらう方法もあります。しかし、なかなか病院にいって調べるのは難しいので、正確ではありませんが、いくつかの方法で、簡単に自分で排卵日を予測することもできます。

①基礎体温を知る事
②おりものの状態を調べる事
③ヒト黄体形成ホルモンの分泌を知る
④唾液のシダ葉結晶を見つける事の4つです。


基礎体温を知ろう
taion
基礎体温とは、朝起きてすぐに、横になったまま口内で計測する体温の事をいいます。基礎体温の変化は、とても微妙なので、普通の体温計ではなく、婦人体温計を使います。今では、デジタル式で自動で体温を記録してくれるタイプのものが販売されています。

ホルモンの分泌などに異常がなく健康な場合には、「低温相」と「高温相」とよばれる二相に体温が分かれます。月経から排卵する日までは「低温相」という低めの体温が続き、排卵をすると黄体ホルモンの影響で体温は上昇し、「高温相」という高めの体温が2週間程続きます。ぐっと体温が下がる最低体温日が分かれば、その翌日が排卵日である可能性があります。3か月ほど毎日基礎体温をつければ、自分のリズムが分かってくるでしょう。

関連記事
タイミング療法で子供ができた魔法の法則とは


おりもの(頸管粘液)の状態を知ろう
排卵日が近づくと、おりものの量が増えます。これは、精子が子宮内に入りやすくするためであり、おりものが潤滑油の役割を果たしているからです。この時期のおりものは、より粘り気が強くなり、親指と人差し指ではさんで伸ばすと、よく伸びます。排卵日が近づくと、少しずつ伸びがよくなっていきますが、この方法だけでは正確に排卵日を測れないので、他の方法と合わせて使う必要があります。膣から直接おりものを取る時には、指を清潔にして下さい。


ヒト黄体形成ホルモン(hLH)の分泌量を知ろう
これは、市販のスティック型の検査キットで知ることができます。検査部分に尿をかけ、ヒト黄体形成ホルモンの変化をとらえて、排卵日を約1日前に予測することができます。

ヒト黄体形成ホルモンとは、女性の体では常に分泌されているのですが、成熟した卵胞に作用して、卵巣から卵子を排卵させる機能があるため、卵子が成熟すると分泌量が急増します。一般的に、血中および尿中の濃度の上昇が始まって約36時間以内に排卵が起こることが知られています。そこで、この分泌量の上昇をとらえることで排卵を予測することができます。


唾液のシダ葉結晶を見つけよう
排卵が近づくと、女性ホルモン(エストロゲン)の量が増え、子宮頸管粘液や唾液にシダ状の結晶が現れます。これをシダ葉結晶といいます。普段は、水玉模様のように見えるものなので、結晶のでき具合で、排卵日が近づいていることを知ることができます。市販の口紅型の顕微鏡で見られます。

尿検査のキットと違って、これは半永久的に使えるので、コストパフォーマンス的にはいいでしょう。レンズの表面に唾液をぬって、薄くのばして乾かします。乾いたらレンズをのぞいて判断しましょう。妊娠したい人、妊娠したくない人、ヒトによって排卵日を知りたい意味は違うかもしれませんが、まずは、自分の体を知ることが大切です。1つの方法だけでは、なかなか排卵日を予測することは難しいので、紹介したいくつかの方法を組み合わせて、自分の妊娠しやすい時期が分かるといいですね。

 

<まとめ>

妊娠しやすい時期とは
排卵日の話
排卵日ってどうやったら分かるの?
基礎体温を知ろう
おりもの(頸管粘液)の状態を知ろう
ヒト黄体形成ホルモン(hLH)の分泌量を知ろう
唾液のシダ葉結晶を見つけよう