妊娠中のダイエットはいいの?わるいの?

妊娠ダイエット妊娠中に体重が増えすぎていませんか?妊娠中の急激な体重増加や太りすぎは母子共によくありません。妊娠中はついつい食べ過ぎてしまったり、普段は食べ過ぎないようにと気を付けていても、妊娠中は気が緩みがち。

かと言って妊娠中ダイエットをすると赤ちゃんに影響が出てしまうため激しい運動などはできません。しかし妊婦さんでも出来るダイエットはあるのです!今回は妊娠中のダイエットについて紹介したいと思います。


妊娠中のダイエットはいいの?わるいの?


妊娠中の体重増加の原因

妊娠中は気が緩みがちで自分と赤ちゃんのためにたくさん食べないと!と必要以上に食べ過ぎてしまったり、食べ悪阻による体重増加などが多いです。

<太る事によってのデメリット>
妊娠中に太りすぎてしまうと母子共にさまざまな影響が出てきます。まず母体ですが、太りすぎると妊娠糖尿病、妊娠高血圧症などになる確率が高くなります。

更に、骨盤の周りや産道周辺に余計な脂肪がつくことで赤ちゃんの通る道が狭くなり、いざ出産となったときに赤ちゃんがなかなか下りてこられずにお産が長引くなど難産の確率が高くなります。

太りすぎると必ず難産になるわけではありませんが、太りすぎた妊婦さんの多くは難産になると言われています。そして出産後は子宮収縮が悪く、そのため出血が多くなる可能性が高いです。また、産後体重を戻すのも大変です。

次に赤ちゃんへの影響ですが、お母さんが太りすぎにより妊娠糖尿病になると、赤ちゃんにきちんと栄養がいきにくくなり、早産、子宮内胎児死亡、未熟児、死産などの原因になってしまいます。

妊娠糖尿病も巨大児、奇形、低血糖、胎児死亡など影響がおよぶ可能性があります。このように太りすぎると母子共にとても危険です。


ダイエットすることの注意点
まず、妊娠中にダイエットを行う必要があるのは、産婦人科の先生に太りすぎと指導を受けていたりする人です。体重管理に問題がなく、指導もされていないのであればダイエットをする必要はありません。

そして、いざダイエットをする時は自分の体調やお腹の中の赤ちゃんのことを考えて行いましょう。無理な食事制限は赤ちゃんへ栄養をしっかり送ってあげられなくなってしまうため絶対にやってはいけません。

運動も赤ちゃんへの影響が大きいため注意が必要です。妊娠中のダイエットはあくまでも太りすぎによる疾患や赤ちゃんへの影響を予防するために行うのであって、スタイルを良くするため、体重をたくさん減らすためではないことを忘れてはいけません。


栄養バランスはどうする?
激しい運動のできない妊婦さんにはカロリー計算はとても大切です。だいたい1日2400カロリーくらいがベストです。そして食事は塩分や糖分を控えめにしましょう。炭水化物は絶対抜いてはいけません!炭水化物は赤ちゃんの栄養にもなるし、お母さんの原動力でもあるのでとても大切です。

そして、バランスよく栄養を摂取するために手っ取り早いのが野菜です。特に色の濃い野菜です。野菜には妊娠中に積極的に摂りたい栄養が豊富に含まれているからです。生野菜だと体を冷やしてしまうので煮たり、蒸したりする方がたくさん食べられるのでオススメです。もちろん、大豆製品やきのこ類、お肉も程よく食べましょう。


食べ過ぎ注意の物
妊娠中太りすぎ防止や栄養バランスを考えると食べ過ぎるとよくない物があります。いくつか紹介します

・インスタント、レトルト食品
手軽で簡単に食べられるので忙しい時にはとても便利ですがカロリーが高く、塩分なども高めなので食べ過ぎると上記でも書いたように塩分の摂りすぎは疾患の原因でもあるので出来れば避けましょう。

・揚げ物
揚げ物は少しの量でもカロリーが高いので控えめにしましょう。

・市販の惣菜やお弁当
たまに利用する分には手軽なのでいいですが、やはり味付けが濃く着色料や保存料、など添加物が心配なので頻繁に利用するのはやめましょう。

・お菓子
お菓子は糖分、塩分、脂肪分、カロリーなどが高いので避けましょう。

・アルコール
妊娠中はアルコールは絶対に飲んではいけません!赤ちゃんの発育に影響してしまいます。


健康的に痩せるには?
まず食生活を見直しましょう。悪阻がひどい時は仕方ないですが、そうでなければきちんと栄養バランスを考えて、偏った食事をしないようにしましょう。そして塩分控えめの薄味を基本にして、高カロリーの物は出来るだけ避けましょう。お菓子なども長く食べていられるような飴や満腹感を高めるためにガムにするなどして工夫しましょう。

運動も走ったり飛び跳ねたりなど、激しい運動はできませんが、適度なウォーキングはできますし、普段行っている掃除なども、床の拭き掃除や窓拭きなどを積極的にすることで立派な運動になります。その他にも便秘を改善するだけでも違うので出来ることを無理することなく行いましょう。


妊娠中はどうしても二人分の栄養を!と言う油断から食べ過ぎてしまい体重が増えてしまいがちですが、自分のマタニティーライフや赤ちゃんの成長、産後のことも考えて今のうちにしっかりと体重管理、食事管理をしましょう。きちんと管理をせずに体重が増えすぎてしまっても、激しい運動も過度な食事制限もできないのでなおさら気を付けましょう。

今日のまとめ
妊娠中のダイエットはいいの?わるいの?

・妊娠中の体重増加の原因
・太る事によってのデメリット
・ダイエットすることの注意点
・栄養バランスはどうする?
・健康的に痩せるには?