妊娠しやすい時期○○って知ってた?

ninshinjiki

子どもが今すぐほしい!と思う人にとってこの妊娠しやすい時はいつだろうということは気になるところですね。でも妊娠しやすい時期だからといってすぐ妊娠できるわけでもないのです。それでも妊娠しやすいタイミングを見計らうことはとても大事ですね。時期だけでなく体質を変えることも重要になります。

それではさっそく妊娠しやすい時期やタイミングについてお伝えしていきます。

妊娠しやすい時期っていつ?

まずは毎日の生活も規則正しくできているか見直し、そのうえで妊娠しやすい時期を見計らうのがよいでしょう。基礎体温を測ることも重要です。


 時期はズバリ排卵日

妊娠しやすい時期にはばらつきがあるといわれています。その中でもばらつきが少ないのが排卵日の3日前から排卵日1日後と言われています。月に1回の排卵日に卵巣から1つの卵子が卵管に排出されます。その時卵管のなかに射精された精子と卵子が結合されると受精されます。精子が子宮の中で生きられるのはおよそ2~3日、排卵された卵子の生存期間は半日から一日程度。精子と卵子の生存期間は人によって様々ですが、排卵日前後3日間は妊娠しやすく、なかでも排卵2日前から排卵当日が最も妊娠しやすいといわれています。


 卵子と精子の鮮度も重要

卵子の寿命は個人差がありますが6~24時間くらいと言われます。排卵した卵子は受精するために精子を求めて卵管膨大部というところに移動します。卵子は新鮮なほど妊娠する確率が上がります。寿命期間内でも鮮度が大切なので、卵管膨大部に移動したときにすでに精子が待っている状態がいいのです。

精子の寿命は3~5日と言われます。これにも個人差があるので一概には言えませんが精子も鮮度が大切です。精子も卵子と一緒といわれていて卵管膨大部で卵子と出会う時に鮮度がよいほど妊娠しやすくなります。老化した精子では受精能力が減少するのです。卵子と精子の移動速度にも個人差があります。卵管膨大部までなかなかたどりつけない卵子もいれば、精子もいるのです。精子と卵子の鮮度が良ければ、素早く出会えて受精につながるので妊娠しやすいと言えるでしょう。


 ストレス解消で妊娠しやすい体づくり

ストレスは妊娠を目指す人にとっていいものではありません。ストレスがあると生理が止まったり遅くなったりして安定せず、排卵日もずれこみます。ヨガやウォーキングなどの軽めの運動や、好きな音楽を聴く、映画鑑賞をするなど、自分に合ったストレス解消法でストレスをためないようにすることも重要です。

生理が定期的に来なくて排卵がないと妊娠できないので、ストレスを上手にためないようにすることが大切です


 夫婦円満が重要

夫婦仲がよくないと、何かとうまくいかないものです。あまり排卵日にこだわって仲良くするのも逆にストレスになることも考えられます。お互い無理なく、日ごろから仲良し夫婦でいることも重要なのです。


 妊娠しやすい月

厚生労働省の『人口動態統計』により過去50年の日本の月別出生数の統計というのがあります。お産が多いのは7,8,1月、お産が少ないのは2,11月という統計が出ています。人も動物同様、妊娠しやすい時期があるようです。桜の咲き始めるころからその時期は訪れます。

3~6月は動物が最も妊娠しやすい時期だそうです。これも考慮して計画するのも良いかもしれません。


 基礎体温による妊娠しやすい時期

基礎体温を測ってグラフをつけていると低温期と高温期がはっきりと分かれて、低温期が終わる頃に、一度がくんと体温が低下することがあります。これを最低体温日と呼びます。そしてまた高温期に入るのですが、排卵日はがくんと体温が下がる日の前日から4日間と言われています。

市販の排卵日検査薬などを併用すると、より正確な排卵日が予測できます。3か月ほど基礎体温の計測を続けると、大体の自分のリズムが把握できるようになります。基礎体温表からわかる排卵日は最低体温日の前日5%、最低体温日22%、最低体温日の翌日44%、最低体温日の翌々日25%です。これによると基礎体温表の最低体温日の翌日が一番排卵日の確率が高いことになります。


 妊娠したい気持ちがあると焦って、余計できにくくなってしまうということもあります。妊娠しやすい環境を利用して、リラックスし、楽しみながら計画や準備をし、夫婦仲良く子づくりに励んでいきたいですね。自分に合った計画で無理なく進めていくことがとても大切です。夫婦で話し合って、自分たちに合う子づくり計画をしていけたらいいですね。


まとめ

妊娠しやすい時期って?

妊娠しやすい時期はズバリ排卵日、その次に排卵2日前から、当日。排卵日前後3日間が勝負。
卵子と精子の鮮度も重要。老化している精子より、新鮮で健康な精子と卵子だと妊娠しやすい。

ストレス解消で妊娠しやすい体づくりを心掛ける。ヨガやウォーキングもおススメ。
夫婦円満が重要。無理なく楽しく計画し、仲良く進めていきましょう。
妊娠しやすい月は3~6月ごろ。
基礎体温による妊娠しやすい時期は最低体温日の翌日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です