あれっ、妊娠した?妊娠初期症状で熱が出る理由とは


妊娠すると、まず体温が上昇すると言われます。女性の生理周期で高温になる時期と、妊娠することで熱が上がる時期が同じ頃になるからです。基礎体温をつけている方ならわかりやすいと思いますが、通常の高温期なら低温期に比べて0.5℃くらいの上昇するところが、妊娠すると1℃くらい上昇するという症状がみられます。

最近微熱っぽいけど、風邪ひいたのかな?と思っている間に、そういえば生理が遅れているな?となって、もしかして、と気が付く人も多いですね。そんな妊娠のメカニズムの関係性を教えます。


あれっ、妊娠した?妊娠初期症状で熱が出る理由とは


熱が出るメカニズム
妊娠すると、なぜ熱が上がるのでしょうか。
三つのホルモンの働き
女性の身体には、排卵を挟んだ体温の周期があります。排卵から二週間ほどが高温期、そして生理があり、その後、次の排卵までの約二週間ほどが低温期と言われる時期になります。これは、排卵の前後で女性の身体を支配するホルモンバランスが入れ代わるためです。排卵後、女性の身体なプロゲステロンというホルモンが多く分泌され、高温期となります。これは、子宮を妊娠しやすい状態にしたり、一度受精すると妊娠を維持しやすくする働きを持つホルモンです。

一方、卵子が受精せずに生理となった場合、生理から排卵までの間は、エストロゲンというホルモンが多く分泌されます。生理によって疲れた子宮を、次の排卵までに復活させ、調子を整える作用があります。

この増減が女性の身体に一定のリズムをもたらすのですが、いったん受精をすると、ホルモンバランスが変化するのです。そして、この二種類のホルモンのほかに、妊娠時にしか分泌されない、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが分泌されます。このホルモンが、受精卵を維持させるためのプロゲステロンの分泌を増やし、結果、高温期が続くことになるのです。


血液の増加
卵子が受精卵になると、体内の血液量が増えます。そのために、身体を動かしていなくてもあたたかい血液が全身を巡ります。これもまた、体温をいつもよりもわずかながら、暖かい状態にするのです。これらの作用により、妊娠をすると、体温が排卵後の高温時よりも少し高くなるのです。


微熱はいつごろから出るのでしょう?

卵子が一度排卵され、受精しないままだと、多くの人が二週間ほどで生理を迎えます。排卵後、受精した場合に微熱が出るのですが、その時期は受精から大体一週間後です。生理から二週間の後排卵、それから一週間ほどで初期症状としての微熱が出るので、前回の生理から数えると三週間ほどたった時期といえます。この時期、もし微熱があっても、それは風邪ではないという可能性があります。


もし微熱に気づいたら?

・対処方法
日常生活をしていると、微熱があるからといって、なかなか身体を休めることはできませんね。本当は、赤ちゃんを守るために熱が上がっているのですが、それに気が付かずに無理をしてしまいがちです。もし赤ちゃんを待っている時期でしたら、もしかして、という可能性をまず考える必要があります。

微熱があっても頑張るために、疲れのせいだろうと栄養ドリンクを飲んだり、風邪だと思ってお薬を飲んだり通常の身体ならそれでもいいのですが、もし体内に赤ちゃんがいた場合、それらは赤ちゃんにいい影響をもたらすものではありません。

もし微熱が出たとして、それが妊娠初期症状としての微熱の可能性がある時期でしたら、まずは身体に無理をさせないようにして、生理時期まで身体をいたわって過ごしてください。生理時期に入り、もし生理が数日遅れるようでしたら、ますます妊娠の可能性が考えられます。

そうなると産婦人科さんに相談するのがいいのですが、妊娠していなかったら恥ずかしいし、お医者さまにもなかなか行く時間がないという場合は、妊娠検査薬で簡単に妊娠をチェックすることもできます。尿の中のヒト絨毛性ゴナドトロピンを測定し、ホルモンがあれば陽性反応が出るようになっています。
陽性反応を確認したら、早いうちに産婦人科さんに行きましょう。

その際、妊娠検査薬で確認済みだと伝えると、検査を省いてくれる産婦人科さんもあります。


妊娠検査薬
ドラッグストアなどで購入できる妊娠検査薬の多くは、検査は生理予定日より一週間後からできるとなっていますが、生理予定日から結果が判定できるものもあります。
チェックワンデジタル 3回用
は予定日から使えます。三回分測れる一方、他のより高価ですがおすすめです。
check one

「クリアブルー」は一般検査薬ですが、感度がよく、ヒト絨毛性ゴナドトロピンが少量でも反応が出やすいため、、一週間後を待たずフライング検査をしても陽性かどうかわかりますが、通常よりも淡い反応のため、心配なら一週間後にまた検査するといいでしょう。


注意点

体温が、低温期より1℃以上上昇したり、のどの痛みや鼻水など明らかに別の病気の症状が出たり、妊娠検査薬で反応が出なかった場合は、他の病気が考えられます。長引くようなら、薬を飲むか、お医者さんへかかりましょう。


まとめ

妊娠すると、体温が上がるのは、受精卵を子宮が維持しやすくするためのホルモンの動きであり、お母さんの身体が赤ちゃんを守るために変化するためであると言えます。熱を出した身体がだるくなるので、お母さん、無理をしないで身体を休めて、という赤ちゃんからのサインということもできますね。

熱が出るメカニズムを把握しておき、正しく対処することが大切です。この時期はまだまだ流産する可能性が高いです。初期の流産は、受精卵がうまく着床できなかったり、染色体に異常があるといった、受精卵側に原因があることが多いのですが、母体の無理がたたっての流産も無い訳ではありません。

体内に新しい命が宿ったことを自覚して、身体をいたわりながら、一日一日を大事に過ごすように心がけてくださいね。

◎熱が出るメカニズム
◎血液の増加
◎微熱はいつごろから出るのでしょう?
◎もし微熱に気づいたら?
◎妊娠検査薬
◎注意点