女の子の産み分け魔法の4つの方法とは

onnnanoko
女の子産み分けは男の子を授かるよりも難しいといわれています。しかし、成功率は74%~90%まで高められるらしいので、試してみる価値はありそうです。とはいっても、適当に試したのでは効果がありません。成功率を上げるためにはちゃんとした計画とした準備が必要です。

女の子の産み分け魔法の4つの方法とは

 


 準備と計画
まずは子づくりの基本となる基礎体温を毎日測りましょう。測り方が適当だとちゃんとした周期が分からなくなるので、きちんと測りましょう。生理が毎月あるか確認したら排卵日を計測します。この排卵リズムは生活習慣の乱れやストレスで大きく乱れてしまいます。

排卵のリズムがくるってしまうと排卵日を計測できなくなってしまうので毎日の生活もきちんと送りましょう。旦那さんの協力も必要なので、日々話しあい、夫婦で協力して進めていくことが大切です。 次は具体的な4つの産み分け方法について紹介していきます。


食事による産み分け法
食べるものによって体内の環境を女の子ができやすい状態にする方法です。 女性は酸性食品、男性はアルカリ性食品を食べるといいといわれています。酸性食品代表は肉、卵、魚を中心にトマト、ほうれん草、ぶどう、みかん、さつまいもなどがよいです。

アルカリ性食品代表はサラダ菜、ピーマン、こんにゃく、じゃがいも、きゅうり、海藻、乳製品、ごぼう、なすなどです。 男性は女性お勧めの食品は避け、女性も同様に男性のアルカリ性食品を避けるようにします。女性は酢を飲めばいいのでは?と思いがちですが、あまり根拠がないとのことです。


生活習慣による産み分け法
毎日できること、しなければいけないことを実行し、女の子をできやすくする方法です。女性は基礎体温を測ることは習慣づけること、それからストレスを抱えていると女の子を宿しやすいといわれています。

神経過敏、緊張した状態だと体内が酸性に傾きやすいので女の子が生みやすいという説だそうです。 しかし過度なストレスは妊娠できる体には適さないため、参考程度にとどめておく方がよいでしょう。

男性は精神的ストレスではなく、なんと睾丸にストレスを与えることが効果的という説があります。 男性の下着にはボクサータイプやトランクスタイプなどの種類のものがありますが、普段男性がぴったりとした下などをつけていると、体温が発散されずに睾丸の温度が上がり、精子が弱くなったり減少したりしてしまいます。

ぴったりとした下着をつけることによって熱に強い女の子を作るX精子が生き残ってくれるのを狙い、女の子ができやすくなるというものです。さらに週1回から2回の温浴も効果的です。


 タイミングを計る産み分け法
子づくりするタイミングによって女の子の確率を上げる方法です。ベストなタイミングは排卵日の2~3日前です。排卵がおこるまでの間、精子は卵子を待つのですが、ここで短い寿命のY精子はどんどん死んでしまい、女の子ができるX精子の受精が高まるのです。


 道具による産み分け法
病院などで処方される『ピンクゼリー』を使う産み分け方法です。ピンクゼリーとはその名の通り、ゼリー状のもので女性の膣内に付属のシリンジで挿入し、 X精子の有利な酸性の環境を作り、女の子をできやすくするといったものです。

酢で洗浄する、といったやり方もあるようですが、衛生面などでも安全とはいえないため、ピンクゼリーを使うやり方が推奨されています。  


 そのほか、中国式カレンダーに基づくものや旧暦カレンダーに基づくもの、風水や占いによって産み分ける方法もあるようですが、科学的に立証は難しく、根拠もないため、それを頼って産み分けは難しいようです。

でも中にはそういうやり方で産み分けに成功した人もいるため、試す人もいるようです。 自分の興味のある産み分け法で、楽しくできるといいですね。



まとめ
<女の子の産み分け法・4つ>
食べ物による産み分け法・・・女性は酸性食品、男性はアルカリ性食品を食べるとよい
生活習慣による産み分け法・・・ストレスを適度に与えるとよい
タイミングを計る産み分け法・・・排卵日の2~3日前がベスト
道具による産み分け法・・・ピンクゼリーを病院などで処方してもらい使用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です