子宮内膜症にピルを使った治療方法が効果的


毎月の生理痛が重いと悩んでいる方の中には子宮内膜症を患っている方も多くいると言われています。 仕事や学業などの日常に支障が出ているという女性もいるのではないでしょうか?単なる生理痛と思って、市販薬で済ませている人もいると思いますが、子宮内膜症にはピルを使った治療法もあることをご存知でしょうか?ピルをうまく利用した効果的な治療法を教えます。



子宮内膜症にはピルを使った治療方法が効果的


子宮内膜症とは
まず子宮内膜症とはどんな病気なのか説明したいと思います。子宮内膜とは、もともと子宮の内側だけにあるもので、妊娠のために子宮内部をフカフカにする、ベッドのような役割を果たすものです。周期の中で妊娠にいたらなかった場合、剥がれ落ちて生理の出血となって体外に排出されます。

しかし、子宮内膜症の場合には、子宮の内側だけでなく、卵巣や子宮の筋肉、また腹膜などにも子宮内膜が増殖してしまい、これが生理の時に痛みになって苦しめてしまうというものです。症状としては、生理の時の痛みの他に、生理以外のときでも痛みが出たり、性交時に痛みが出るなどがあります。

また、生理の出血が極端に多くなることもあります。もしかして、と思ったら産婦人科に行って診察を受けてみましょう。問診や、1、2分で終わる簡単な内診で診断してもらえることもありますよ。

わかりにくい場合にはエコー検査やMRIを使用することや血液検査をすることもあります。


 ピルを使った治療法
子宮内膜症の治療には、鎮痛剤を使うこともできますがこれは痛みの原因をなくすものではなく単に痛みを抑えるだけの治療法でしかありません。結局、市販薬で我慢するのと変わらないということもあります。

それに比べて、ピルを使った治療法では、痛みの原因を抑えられるため、効果的に生理痛を減らすことができるのです。ピルは毎日飲み続けることにより、一時的に排卵をストップさせることができます。それにより子宮内膜を厚くする黄体ホルモンの分泌が抑えられて、生理痛を減らすことができるのです。

実際にピルを服用することにより、生理痛が全くなくなったという人もいるほどです。ピルは子宮内膜症の症状を和らげるだけでなく、乱れていた生理の周期を整えたり、避妊にも極めて高い効果を発揮します。また、生理の予定を変えることもできるため、ライフスタイルの一部として取り入れている人も多いものです。

容量もいろいろあり、低容量のものでしたら、副作用らしい副作用はほとんどありません。飲みはじめに少し吐き気や頭痛が出る人もいるようですが何も感じないことがほとんどです。また、ピルの服用は「毎日ほぼ同じ時間に欠かさず」というのが鉄則です。忘れないように、毎日忘れにくい時間に服用するようにしましょう。

「夕食後」「起きてすぐ」「昼休みのチャイムが鳴ったら」など、時間に制限はなく自分にあった時間でOKです。もし飲み忘れてしまうと排卵してしまう可能性があるので注意が必要です。


 妊娠したい女性の子宮内膜症
今までピルを使った治療法をおすすめしてきましたが、前述したように避妊に高い効果があるものですのでもちろん妊娠したい女性には使えません。妊娠したい女性はどうやって子宮内膜症を治したらいいのでしょうか?また、子宮内膜症があっても妊娠できるのでしょうか?結論から言うと、子宮内膜症があっても妊娠することは可能です。

妊娠して出産すると子宮内膜症は改善されます。しかし、不妊の原因の約20%は子宮内膜症といわれ、全く影響がないというわけではないようです。酷い子宮内膜症を治すには、腹腔鏡手術という手段もあります。この治療法は開腹手術と比べるとかなり負担の少ないものです。この治療法によりお腹の中を綺麗にして妊娠するという手段もあります。

子宮内膜症によってすごい苦痛を感じている方やすぐに治したい!という場合には手術治療が早いようです。詳しくは産婦人科に相談してみましょう。


 ピルを服用していると辞めても妊娠できない?
ピルを服用していると、もしピルをやめても妊娠しづらくなるという噂があるようです。調べてみましたが、確かにそういう説はあり

何年もピルを飲み続けた女性が排卵しなくなってしまって妊娠しづらくなったケースがあるみたいですね。

しかし、たいていの場合にはピルはやめて半年程度経つと普通に妊娠できると言われていますし妊娠したママはたくさんいます。現代では様々な目的でピルを服用している人がいるので、その方たちすべてが妊娠しなくなってしまったら大変ですよね。実際、処方する医師の説明でもとくに妊娠しなくなることはないと説明されることが多いようです。

少なくとも数年程度の一時的な服用であれば全く問題ないでしょう。ピルと子宮内膜症の関係についてお分かりいただけたでしょうか?働く女性も多い現代、少しでも生理の負担は軽くしたいものですよね。



お悩みの方はぜひ一度専門医の診察を受けてみてくださいね!

1子宮内膜症とは
2ピルを使った治療法
3妊娠したい女性の子宮内膜症
4ピルを服用していると辞めても妊娠できない?