生理不順が改善する9つの方法とは

seiri
程度の差はあれど、女性の4人に一人は生理不順と言われています。改善するにはまず婦人科を受診して、薬を服用する人がほとんどかと思います。しかしそれ以外にもいろんな改善方法があるんですよ。今すぐ始められるものもたくさんあるので、生理不順に悩む人はぜひ実践してください。

これから9つの方法をお伝えします。

 

生理不順が改善する9つの方法とは

 

 

 病院から薬を処方してもらう


どの改善法にしても、まずは生理不順を疑ったら病院に行くのが先決です。治療は早いほうがいいですし、どのようなことに気をつけたらよいか医師とも相談できます。

病院で薬を処方してもらう場合、ホルモンに働きかける薬が多いと思います。月経に大切なプロゲステロン、エストロゲンという2種類のホルモンのバランスを検査して、薬で補います。

 

 ピル


ピルといえば避妊薬のようなイメージですが、もともとは月経の管理をする薬です。ピルはプロゲステロンというホルモンを補給し、体を排卵後の状態にします。そのため、飲んでいる間は排卵、月経がありません。その後服用を中断することで月経が再開するので、生理不順の改善に役立つのです。

ただ、ピルはあくまで月経のタイミングを変えるためのもので、生理不順の原因を取り除くわけではありません。効果が確実ではあるものの、薬やピルのデメリットとしてやはり副作用の可能性があげられます。次からはノーリスクで生理不順の改善に役立つ方法をご紹介します。

 

 規則正しい生活


当たり前のことのようでなかなか大切なことです。忙しい日々のなかで規則正しい時間に食事、運動、睡眠を取る事はむずかしいかもしれませんが、少しずつでもいいので栄養バランスの良い食事や十分な睡眠、またお風呂でしっかり体を温めることで血行促進や代謝アップにつながります。理想的なのは夜の暴飲暴食を避け、週に数回軽い運動をいれるともっと効果的。

時間を有効活用する為に、思い切って朝方生活はじめてみませんか?

 

 

 ツボ


ツボ押しはこれ一つで劇的に改善されるというものではありません。ほかの方法と併用することで、より効果が高まることを目的としています。三陰交(さんいんこう) くるぶしの内側で一番出っぱっているところから指4本分上の部分です。

太谿(たいけい)三陰交に近く、くるぶしの内側から後ろにむかい、アキレス腱の前にある部分です。指で触ると脈打っています。これらのツボはホルモンバランスを整えてくれます。ツボを押すときは強すぎず弱すぎず気持ちよさを感じる力加減で、ゆっくり押しましょう。

 

 ヨガ


これは生理中ではなく、普段からコツコツと続けることで冷えにくいカラダをつくり。生理不順を改善するとい2つの方法です。

1

・両足を揃えて仰向けになりましょう。手は開いた状態で。

・息を吸いながら足を曲げずに垂直に持ち上げましょう。腕ではなく腹筋で支えます。

・息を吐きながら足を伸ばしたままゆっくり左に倒し、床上30センチでキープします。

・ゆっくり垂直に戻し、反対側もやりましょう

 

・立て膝で仰向けになりましょう。腕は床につけます。

・息を吸いながら左足を伸ばし、息を吐きながら右膝を左に倒します。

・ゆっくり首を右に向けてキープし、息を吸って、吐きながら元に戻りましょう。反対側もやりましょう。

夜寝る前にやるのがおすすめです。

 

運動する


全くしないと血行が悪くなりがちですが、息切れするような激しい運動をしなければならないということではありません。むしろ急にハードな運動をすると、月経が止まってしまうこともあります。スポーツ選手でもない限り、体脂肪15%は下回らないようにしましょう。

おすすめの運動は有酸素運動です。ウォーキングや心地よく疲れる程度のスイミングなどです。お風呂上がりのストレッチや軽いエクササイズもいいですね。

 

食事


ホルモンバランスを整える栄養素としては、タンパク質とビタミンDがあります。ビタミンDは鮭やイワシ、卵黄に多く含まれ、また日光浴によって体内で生成されます。次に、鉄分も不足なくとっておきたい栄養素ですね。レバーやほうれん草、プルーン、ひじきなどがおすすめです。意外なものとしては、チョコレートです。エストロゲンの活性化を助けたり、血行促進に良いフラボノイドが含まれています。

いずれにしても偏った食生活になってはいけません。チョコレートばかり食べていたら、生理不順が治る前に別の問題が出てきそうですよね。

 

サプリ


ホルモンバランスを調整するサプリといえば、おすすめはマカです。男性の精力剤のようなイメージですが、タンパク質やアミノ酸など栄養に富み、妊娠希望の女性や婦人科系の疾患がある人にも多く愛飲されています。何より薬ではないので、副作用がないことが嬉しいですね。

ただ、マカはサプリの中でも少々高め。安いものだとマカの含有率が低かったりします。サプリは最低3ヶ月は継続しないと効果がわからないため、自分で続けられるものを吟味してください。

 漢方


漢方は病気そのものを治すのではなく、体の代謝や免疫力を高めて体質改善を促すもので、正確には“生理不順に効く漢方”はありません。ですから同じ生理不順でも、例えば冷え性が原因なら当帰芍薬散、頭痛やいらいらがある人は加味逍遥散など症状によって合う漢方が違います。生薬とはいえこれも薬ですから、何を使うかは必ず専門家に相談して決めましょう。


まとめ

■病院から薬を処方してもらう

■ 規則正しい生活

■ ヨガ

■ 運動する

■ 食事

■ サプリ

■ 漢方

どれか一つでなくいくつか併用することで、体調も良くなりますし生理不順の改善にもつながります。出来ることから始めてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です