タイミング療法で子供ができた魔法の法則とは

taimingu
結婚してなかなか子宝に恵まれず、悩んでいる方はいっぱいいます。そんな方々にまず試してほしい不妊治療の一つがタイミング療法。まずは自分でタイミングを計る事からはじめる方法や病院の指示に従うタイミング療法についてご紹介します。


タイミング療法で子供ができた魔法の法則とは


タイミング療法とは
タイミング療法とは、不妊治療の中でオーソドックスな治療法のひとつです。費用もかからず、効果も期待できるため、実践される方が多い治療です。排卵のタイミングに合わせることで自然妊娠の受精・着床確立を高める治療で、一般不妊検査で特に異常がなく、不妊治療の第一歩として試すことが多い療法です。医療介入度が低く、血中や尿中のホルモン測定、経腔超音波による子宮内膜計測、排卵日や排卵時間予想など行います。大きく分けてタイミング療法にはいくつかの方法があります。


病院を頼らない自分でのタイミング方法
病院に行かずに自分で試すタイミング療法です。まずは毎朝基礎体温を測り、排卵検査薬など、薬局などで購入できるものを使って自分で排卵日を調べる方法です。この時点で妊娠する人も十分にいて、不妊治療をするというほど通院する必要がなくなる場合があります。
基礎体温を正確に計る事が大切になります。

自然周期を知る事
自然周期によるタイミング療法は排卵のタイミングを計るという簡単な方法です。できるだけ自然妊娠を希望している若い年齢の方におススメの方法です。
まず毎朝基礎体温を測定し、排卵日が近づいたら週に1~2回病院で超音波検査による卵胞の生育状態を観察し、排卵日を予測します。

卵胞の大きさを観察することで、正確な排卵日を予測することができます。同時に血中や尿中のLHホルモンの数値を調べ、子宮内膜の厚さなどから排卵時間を予測します。予測した排卵日直後に確実に排卵があったかをきちんと調べます。そして排卵日が分かったら、タイミングを合わせます。

関連記事
生理不順気味だった私が、どうやって妊娠できたのか?

 


排卵誘発剤
taimingu2

自然周期によるタイミング療法を行っても成果のなかった場合、排卵誘発剤を使用するタイミング療法にうつります。方法は飲み薬による排卵誘発剤で排卵を促し、排卵日や排卵時間を予測して自然妊娠につなげます。それでも成果が見られない場合は注射による排卵誘発剤を行うことがあります。


タイミング療法のメリットについて
タイミング療法の一番のメリットは、身体への負担が少ないことです。もちろん精神的にも負担が少なく、金銭的にも保険適用の部分が多いので金銭的負担が少ないことも人気の理由です。


タイミング療法に向いている条件
病院によっては夫婦の状態によってタイミング療法を行うか決める基準があるようです。
●夫の精子が正常である。
●妻の卵子、卵管、子宮が正常である。
●若い年齢である。
●結婚してまだ年数が浅い。
●自然妊娠を強く希望している。


タイミング療法の妊娠成功確率
タイミング療法での妊娠成功率は5周期で90%といわれています。自然妊娠では1周期約20%ほどなので、同じくらいの成功率が期待できます。5周期以上は成功率が下がるので、5周期以降出来なかった場合には他の不妊治療の方法をおすすめします。(人工授精、体外受精など)


どうすれば妊娠確率があがるのか?

<パートナーの理解>
何よりも自分一人では行えないことなので、パートナーの理解と協力が必須です。タイミング療法で導き出した成功率が一番高い排卵日の2日前に、行為を行うことが一番妊娠確率の上がる方法となります。
<パートナーの状態>
パートナーの精子の管理も大切です。精子は何日も連続して射精してしまうと精子の数が減り、受精率が低くなってしまいます。そのため、確率が一番高いと予想している日まで3~5日程度の禁欲をします。ただし、長期間の禁欲は精子の質が落ちるということもあるので、適度な状態を保つようにします。


その他のポイント
排卵予定日を特定しているものの、誤差があります。特定している日の2日前~当日は続けて行為を行うといいようです。

早期開始する事が望ましい
晩婚化に伴い女性の高齢化が影響し卵子が老化していることが多いです。高齢女性は特に子どもを望むなら一日も早くタイミング療法を行いましょう。


タイミング療法の限界
タイミング療法は長く続ければ続けるほど確率が下がります。タイミング療法は長く続ければ成果が出るものではないので、試してみてうまくいかなければ、次の不妊治療のステップに切り替える必要があります。年齢や、卵子の老化ということを踏まえて、効果がなければ次にうつるという切り替えが大切です。

また、もともと何か違う原因があるのであれば、その原因を取り除いてから試さないと意味のない療法です。タイミング療法をまず始めてみて効果がなかった場合は、すぐに他の原因を探り、治してからタイミング療法をまた試すということもできます。そのため、女性疾患などの場合が原因だった人が、その治療と並行してタイミング療法を行うという場合もあります。

まとめ

タイミング療法で子供ができた!
タイミング療法とは
タイミング療法のメリット
タイミング療法に向いている条件
タイミング療法の妊娠成功確率
どうすれば妊娠確率が上がるのか?