帝王切開の傷跡って残るの?

teiousettukai
帝王切開
での出産は近年増えつつあります。厚労省の報告によると5人に一人が帝王切開で出産。なるべく自然分娩で産みたいと思ってはいても、出産中のトラブルにより急に帝王切開にしましょうということも多くあります。原因は高齢化でリスクの多い出産が増えただけとは限りません。産科の医師不足により、当直医の少ない夜中よりも大事をとって医師のいる時間帯になるべくリスクのある妊婦さんについては帝王切開にしたいということもあるようです。

帝王切開で気になるのが傷跡ですよね?そんな疑問に答えていきます。


帝王切開の傷跡って残るの?


その前に、どのような時に帝王切開になるのでしょうか。帝王切開には予定帝王切開と緊急帝王切開があります。予定帝王切開では、逆子・多胎妊娠・前回帝王切開だった場合・児童骨盤不均等・妊娠高血圧症などがあげられます。

緊急帝王切開では、胎盤早期剥離・胎児機能不全(へその緒の圧迫などで酸素不足であるなど)・分娩が長引く場合・胎児旋回異常などです。症状をきくと、なんて大変な状況かと想像してしまいますが、誰でも起こりうるものばかりです。


帝王切開のメリット、デメリット
帝王切開は避けたいと思っている妊婦さんは多いかもしれません。昔は、自然分娩で産まなければ、出産を経験したとは言えないなんていうお姑さんもいたかもしれません。でも、今は陣痛を経験しないからといって、自然分娩しないからといって、出産を経験していないと思う人はいません。どんな方法であれ「赤ちゃんのママになる」、このことが重要だとわかっているからです。

それでも、腹部を切開して赤ちゃんを取り出す。お腹を切るのは誰だって避けたいものです。でも、メリットもありますから、安心してください。

<メリット>
陣痛がない(陣痛がきてから、緊急帝王切開に変更になる人もいます。一概には言えません)予定帝王切開の場合は日時が決まっているので、立会いがしやすい(立会いのできない病院もあります。病室の前で待っている場合も、すぐに赤ちゃんには会えるはずです)医療行為になるため、高額医療控除の対象になる産道を通らないために、比較的頭のかたちが良い(吸引が少なめのため。自然分娩でも頭のかたちが良い赤ちゃんもたくさんいます)会陰切開がない
<デメリット>
産後の入院日数が長い傷跡がしばらく残る(子宮を切るので、内臓癒着の可能性もある)次の子も帝王切開での出産になる赤ちゃんの状態が悪く、母子同室できずにNICUに入る可能性がある(普通分娩であってもその可能性はありますが、やはり帝王切開の場合の方が多くなります)血栓症のなりやすい(妊娠中は誰でもなりやすいのですが、術後は特にすぐ動けないため、さらに起こりやすくなります)


傷跡って残る?
帝王切開の傷跡は気になりますよね。最近は横に15センチほどの傷跡が残ることが多いようです。緊急の場合、赤ちゃんの位置によっては、お臍の下あたりから縦に切開することもあります。このような緊急帝王切開の縦や逆T字に切開した場合は、予定帝王切開の横の切開よりも、膀胱や小腸に傷口が近く、癒着が切口付近に起こる可能性があります。

小腸の癒着は、イレウス(腸閉塞)を起こす原因になります。産後すぐはまだお腹が大きいので、傷跡もかなり大きく感じます。でも、しばらく経ってお腹も元のサイズに戻っていくと、傷跡も同じように小さくなっていきます。産後2週間でほとんどの傷跡はふさがって、痛みもありません。産後の傷の痛みもお医者さんに言えば、痛み止めを処方してくれます。

授乳中でも安心して飲んでも大丈夫。無理せず痛み止めを服用していけば、痛みは怖くありません。傷跡はしばらく残りますが、ビキニを着ても隠れる場所です。

また、傷跡とは関係ありませんが、デメリットにもあげている血栓症予防のために、弾性ストッキングなどを履きます。傷口が痛まない程度に早めに動いた方が血栓症予防になります。2日後には歩いてトイレには行けるようになりますので、少し起き上がって赤ちゃんを抱っこして母乳を飲ませたり、オムツを替えたりして、徐々に家に帰ってからの準備をはじめていくことになります。

いかがでしょうか? 帝王切開はデメリットもあるものの、受け入れ難いものではありませんよね。


 保険って対応する?
帝王切開は保険がききます。そのため、帝王切開の手術費用の3割が自己負担額となります。普通分娩では、保険がきかずに全額自己負担金となりますから、結果的に普通分娩と帝王切開は同じくらいの負担額になることが多いようです。

ただ、帝王切開では医療保険の適応があるため、医療保険に加入の場合はだいたい10万円ほどもらえます。入院日数と、女性特約などで妊娠高血圧症など病名が対応している場合はさらに追加されることもあるかもしれません。一度、加入している保険内容を確認しておくべきかもしれません。いざという時に、すぐ申請できるように、心算しておくと楽ですよね。

さらに、帝王切開になるからには、それなりの要因があるはずです。ママ側のトラブルのみであればいいのですが、未熟など赤ちゃんの状態が悪くNICUに赤ちゃんが入院することもあります。出生届と一緒に乳幼児医療費助成制度に加入しましょう。退院手続きの際に、高額な入院費用を立て替えしないで済みます。

本日のまとめ

帝王切開の傷跡って残る?
①   帝王切開のメリット、デメリット
②   傷跡って残る?
③   保険って対応する?