妊娠中からトコちゃんベルトで骨盤矯正する理由とは

tokocyan
出産後、自身の体型の変化に戸惑ったり悩んだりする女性が多いと思われます。妊娠で伸びたお腹の肉が元に戻らない、骨盤が開いたままで出産前のボトムが履けないなど、自身を鏡で見てはその変化に嘆く。女性として体型の変化というのは、本当に悲しくもなり残念な気気持ちでいっぱいになる悩みですよね。

出産後、気になる体型の変化としてよく聞かれるのが「骨盤の開きや歪み」。お産をご経験されている方ならば、誰もが一度は気になった事があるのではないでしょうか。トコちゃんベルトと言った骨盤矯正のベルト。あなたはご存知ですか。どこかで耳にした事があるわって方もいらっしゃるかと思います。

初耳な方も、聞いた事がある方もトコちゃんベルトの本当の魅力ってご存知ですか。トコちゃんべルトは産後の骨盤矯正に非常に良いお仕事をしてくれるんです。産後だけメリットがあるわけじゃないんです。実は妊娠中から使用することがママにとってメリットになる理由があるんです。




妊娠中からトコちゃんベルトで骨盤矯正する理由とは


骨盤矯正とは?
そもそも、骨盤矯正とはどんな事でしょうか。緩んだ骨盤を支えたり閉めたり、歪んだ骨盤を正常な形に整えるために運動をしたり手技を受けたりする事です。赤ちゃんの頭と骨盤の入り口が殆ど同じ大きさの為、妊娠により骨盤は緩みます。これは自然の摂理です。女性の体はとても素晴らしく出来ていますよね。


産後のスタイルケアの鍵を握るのは、実は妊娠中からの骨盤ケアにあり!
お産。それはママのお腹から暗い産道を赤ちゃんが頑張って通り抜け、お腹の外の世界に誕生する事。ママはお産で骨盤を開き赤ちゃんをお腹の外へ導く体型の変化を経験します。お産により、開いた骨盤により産後の体型の変化が色々と現れます。お尻が大きくなってしまった、O脚になった、骨盤が元のに戻らない等。

こういった体型の変化は、産後にケアすれば大丈夫と思っていませんか。実は、妊娠中からのケアがとても大事なんです。それはママにとってだけではなく、お腹の赤ちゃんにとっても大事な事。妊娠すると、骨盤の関節などを繋いでいる靭帯が緩みます。この緩みは分娩時に最大に緩む事になります。靭帯の緩みは個人差はありますが、産後2ヶ月程で回復します。

しかし、妊娠中に靭帯がずっと緩んでいるという事は骨盤も緩みっぱなしという事です。骨盤が緩むと、前に倒れそうになるを腰や肩の筋肉が必死に頑張り前かがみの姿勢になったり、腰痛や肩こりを伴う事になります。お腹が大きくなってくるにつれ、更に悪化します。ママは大切な命をお腹を守ろうと背中や腰で必死に支えているんですよね。

お尻が大きく変化したり、O脚になったり、腕を動かしづらくなり二の腕が太くなるのも骨盤の緩みから。こういった妊娠中の骨盤や靭帯の緩みから伴う体型の変化は、産後からのケアでは遅いんです。妊娠中からできるケアで産後のスタイル回復にも繋げる!また、子宮頸管が短くなったり、切迫早産の兆候が見られると言った赤ちゃんへの影響も骨盤ケアにより防げるのです。


切迫早産は生活習慣病!切迫早産からトコちゃんベルトで赤ちゃんを守る!!
tokocyan2
現代の女性は車社会で歩く事が大幅に減り、その為に骨盤を支える靭帯や筋肉が弱くなり、骨盤が緩み過ぎてしまっています。そうなる事により、腸や胃などの内臓が骨盤内にまで下垂し、子宮は押し下げられてしまいます。子宮が圧迫され、赤ちゃんの出口部分である子宮頸管を短くし、お腹の張り(子宮収縮)を引き起こします。お腹の張りは早産を促す危険性があります。

日々の生活習慣が切迫早産に繋がりかねません。そこで、赤ちゃんを守る大いなる助っ人がトコちゃんベルトです。寝転び骨盤高位の姿勢でトコちゃんベルトを着用すると、子宮や内臓が本来の元の位置に保たれます。そうすると、子宮頸管の長さは保たれ、またお腹が張りにくくなります。よって、早産の危険性から赤ちゃんを守る事が出来るのです。

トコちゃんベルトは、正しい姿勢で正しい位置に着用する事が大切です。必ず、骨盤高位の姿勢で行いましょう。現代女性の運動量の低下は、決して軽視出来るものではありません。妊娠中の生活もしっかり見直すべきです。安静生活ばかりしていると筋力低下に伴う骨盤の歪みが懸念されます。もちろん、過度な運動は控えるべきですが、骨盤ケアを意識して、しっかり歩いてお産にも必要な適度な筋力を身に付けましょう。


分娩直後からトコちゃんベルトで骨盤ケアを!
さて、妊娠中のトコちゃんベルトの着用について見てきましたが、産後の着用のポイントはなんでしょうか。ずばり、産後は産後でも分娩直後からの着用が骨盤ケアの大切なポイントになります。え?お産で疲れきっている体に巻くの?とお思いでしょう。

骨盤は分娩直後が最大に緩んでいます。子宮も下がっている状態です。骨盤ケアは開いている状態の期間が短ければ短いほど、元の状態への修復が早いです。着用時は、必ず医療従事者にお願いをしましょう。また、トコちゃんベルトには血液が付いても困らないタイプのベルトもあります。骨盤ケアは産後最低でも二ケ月は続けましょう。産後二ケ月ほどは靭帯は緩み続けているからです。


トコちゃんベルトの魅力、いかがでしたか。産後はもちろん、妊娠中の骨盤ケアから役立つトコちゃんベルト。最近では、産院や助産師さんがトコちゃんベルト着用を推奨している場合も多くなってきています。骨盤ケアは、ママと赤ちゃんを守ってくれます。健康な赤ちゃんを安産で無事に出産する為にも、トコちゃんベルトで骨盤ケア。あなたもぜひ、始めてみてはいかがでしょうか。


【まとめ】
骨盤矯正とは?
産後のスタイルケアの鍵を握るのは、実は妊娠中からの骨盤ケアにあり!
切迫早産は生活習慣病!切迫早産からトコちゃんベルトで赤ちゃんを守る!!
分娩直後からトコちゃんベルトで骨盤ケアを!