ほっと安心、つわり中に助かった食事ベスト5

syokuji

妊娠初期に、妊婦さんたちを悩ませるつわり。お腹の赤ちゃんの成長を感じる幸せな時期でありながら、食べたいものが食べられず、体調が安定しない辛い時期でもあります。そんな妊婦時代を経験した私ががつわり中に助かったと感じた食事を紹介します。つわりに全く同じというものはないので、すべてが参考になるとも限りませんが

気になった食品があれば試してみてはいかがでしょうか。

ほっと安心、つわり中に助かった食事ベスト5

 


コンビニのおにぎり

つわりの始まりが食べつわりから始まった頃はお腹がすくと気持ち悪い状態。仕事をしていましたのでお昼休憩まで当然食事なし。一度にたくさん食べることもできなかったので朝食も少ししか口にできず会社に着くと既に気持ち悪い状態でした。そんな私を救ったのが、コンビニのおにぎり。大きさ的にも一度に食べられる量としてちょうど良くて、仕事の合間にサッと食べられるのが良かったです。

席の近い同僚には、既に妊娠していることを伝えていたのでみんなも気にしないでいてくれました。味は梅干か昆布が多かったです。カリカリ梅がまぶしてあるものもあり、それも気に入っていました。途中でおにぎりに飽きてきたら、サンドイッチも食べたりしていました。でもやっぱり、おにぎりの方が食べやすいしお腹にたまっていたかなと思います。


冷やし中華

まともな食事は全てNGだった頃、唯一食べられた食事は冷やし中華でした。しかし食べられる冷やし中華と、食べられない冷やし中華があり、会社の食堂で出るような、きちんと茹でた麺に酸っぱいタレのものはOKでしたがコンビニやスーパーのお惣菜コーナーにあるものは、麺の油が多い物が多くて食べて逆に気持ち悪くなったこともありました。また、ゴマだれもダメでした。

油っこさがキーポイントですね。大丈夫な冷やし中華には、たっぷりお酢をかけていただいていました。野菜が食べられるメニューは当時ほとんどなかったので貴重な栄養食でした。

また、しっかり野菜が取れるのでつわり中の便秘にも効果があったように思います。どうしてもおにぎりばかりの食生活だったので、便秘勝ちで苦しかったのでその面でも冷やし中華は救世主でした。

同じようにざるそばも食べられた日もありました。さっぱりしている麺のメニューはつわりの味方ですよね。しかしこれも、コンビニのものだと何かの液体に麺が浸かっていて、その匂いが気になって食べられなかったりしました。即席系やお惣菜系は加工がしてあるので、注意した方が良さそうです。


 パイナップル

本当につわりがひどいときには、パイナップルしか食べられなくなりました。スーパーに売っているカットフルーツのパイナップルだけを、ひたすら一日中食べていたのを思い出します。
なにかのサイトで、パイナップルは南国の果物なので体を冷やす作用があり流産を助長するという情報を目にしてしまったときは冷や汗だらだらでしたが、実際にはどうしてもパイナップル以外は口にできずパイナップルを食べ続けていました。結果、赤ちゃんには全く問題なし。

今となっては立派な1歳児になりました。流産させる食品もいろいろ噂されていますが根拠もないものも多いので不安な場合は産婦人科に相談しましょうね。ちなみに、現在二人目を妊娠中の私ですが今回はパイナップルブームはこなさそうです。お腹の子によって本当につわりは違うんだなと実感しています。
代わりにオレンジジュースなどの酸っぱめのドリンクが飲みたくなり、間食がわりに飲んでいます。酸味のあるフルーツが欲しいという面では前回の妊娠と共通しているとも言えそうです。


 スープ春雨

キッチンの匂いが気になり、キッチンに立ち入ることがしんどかった時期はとにかくスープ春雨にお世話になりました。料理ができなかったので三分で完成する春雨は本当に、神。好きな味とダメな味がありましたが良かったです。生ものではないので腐らないし、家から出られない日が続いても問題なし。私は主人には外食をお願いして、自分は春雨食べてパイナップル食べて寝ていることが多かったです。

しかし、春雨ブームは意外と早く過ぎ去った気がします。つわりって、食べ物のブームが移り変わるものですよね。妊娠後期に買い物がしんどい時など、春雨を消費して出産までに食べきりましたよ。


 マックのフライドポテト

これは周りのママでもハマった人多数でした。私もつわりの始まりは、油っこくてとても無理!と思っていたのに、途中から会社帰りにマックの前を通る度に食べたくて食べたくてたまらなくなり、何度か寄り道。ポテトばかりひたすら食べてしまいました。

これは胃もたれやばいぞ!!と、警戒しましたが意外と私の場合はもたれず。フライドポテトなんて、胃腸が弱っているつわりの時期には絶対嫌われそうな食品なのになんでみんなそんなにハマってしまうのでしょうね。私の予想としては、あの塩気だと思うんですよね。試しに塩なしだったら食べたいか、想像してみると、食べたくない気がします。つわり中って、梅干しとか塩っぽいものを好んでいたので、その延長かなあと思います。

体に悪そう、と思われがちなフライドポテトですが、私にとっての利点は美味しさだけでなく。便秘解消にも効果がありました!便秘にはある程度油を摂取することも効果があるようで、当時パイナップルやおにぎり、春雨ばかりで油をほとんど取らなかった私は、人生最大の便秘状態。

妊娠中期に入るまで便秘薬を処方しない産婦人科だったので薬もいただけず、お腹も張って辛かったのですがフライドポテトで解消されました。冷やし中華同様、私を便秘から救ってくれた救世主でした。



以上、いかがでしたか?

つわり中はなかなか食べられるものが見つからず、何を見ても気持ち悪く感じてしまうこともあると思いますがいくつか食べられるものが見つかると精神的にもかなり楽になります。

偏食を気にされる方もいますがつわりの時期の偏食は赤ちゃんには影響なし。水銀など、妊娠期に気をつける食べ物だけ注意すれば、食べられる物を食べていてよいのです。

しかし、どうしても食べ物が食べられず飲み物も喉を通らない場合には、必ず産婦人科を受診してくださいね。赤ちゃんが人間の形へと変化していく、大切でいとおしい時期。お母さんも大変ですが、赤ちゃんと一緒につわりを乗り越えられるよう、頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です