これならできる!妊娠後期のつわり症状の5つの対策

tuwari妊娠後期になっても悩まされてしまうのが後期つわり。初期に大変な思いをした妊婦さんも多い中、後期にもつわりがあるとは、げんなりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

妊娠後期のつわりの代表的な症状と対策についてお伝えしたいと思います。


これならできる!妊娠後期のつわり症状の5つの対策


1吐き気

これは妊娠初期におけるつわりでも経験した方が多いと思いますが、また妊娠後期になって吐き気に見舞われる妊婦さんも意外と多いのです。しかし今回はホルモンの影響等ではなくて胃が大きくなった子宮で圧迫されることによる吐き気です。

対策としては
・一気に食べる量を減らし、何度か小分けにして食事を摂る

・油気の多すぎる食事は避ける
・味の濃すぎるメニューは胃腸に負担があるため避けるということがいえるでしょう。

「2人分食べなくちゃ!」と言ってくる周囲の人もいるでしょうがその気持ちだけありがたく受け取って無理に食べないようにしてくださいね。


 2足が浮腫む

後期になると少しむくみが出てくることがあるでしょう。夕方になると足が痛くなってきたりします。対策としては、少し歩いて血流を改善してみたり半身浴をすることも効果があります。

しかし、浮腫みについてはあまり甘く見ていると「妊娠中毒症」の表れである可能性があるため酷い症状がある場合にはすぐに産婦人科に相談をしてください。

妊娠中毒症の場合は、赤ちゃんに悪影響がでる場合もあり帝王切開が必要になる場合もあります。少しの症状の場合には検診で相談してみるといいでしょう。妊娠中毒症は、血圧が上がり尿淡白があがり、むくみがでることが特徴とされています。腎臓に負担をかけていることが原因となるものなので安静にすること、減塩、低カロリーを心がけることで予防することができるものです。

また、食べ過ぎや運動不足も引き金のひとつになっています。中期以降体調のいいときには体を動かし、ヘルシーな生活を心がけましょう。また、高齢の妊婦さんほどかかりやすいと言われていますので注意が必要です。


 3食欲が減退する

こちらも吐き気と同様に、胃が圧迫されるために起こる症状です。さっぱりしたものを少しづつ食べるようにすることや、食べてすぐ横になるのは避けて、1時間は座った姿勢など、体を起こしておくようにすると、消化を助けることができて症状が改善するでしょう。

あまり食事が取れないと、おなかの赤ちゃんのことが心配になるでしょうが、小分けにでも食事をしていれば問題ありません。まったく食べられなくなる場合や、水分も受け付けない場合には早急に医師に相談をしましょうね。


 4精神的に不安定になる

お産が近づくことで不安になり、精神が不安定になってしまうことがあります。これも後期つわりといえるでしょう。とくに初産の場合には心配になるのは無理もありません。お産の痛みについてや、産んだあとから始まる子育てについて、そんなに近くなかったときには心配よりも楽しみだったものが近づきすぎることで心配になってしまうのです。
しかしこういう場合には、一人で抱え込むことが一番よくありません。

これからパパになるご主人、家族や、友人自分よりも早くママになった周囲の人たちなど不安を受け止めて、答えてくれる相手に質問をぶつけてみたり「不安に思う」ということを素直に話すことが大切です。

また、母親教室として「お産教室」を開いている病院もあるでしょう。お産の進み方や、いきみ方やお産中のメンタルについても教えてくれることもあります。また、病院でなくても自治体で開かれていることも。こういった教室にいっておく事も不安を解消することにつながりますね。


 5眠れない

母親になる日が近づくとホルモンの影響で眠りが浅くなるといわれています。これは一説には、ママは夜泣きに対応しなくてはいけないのでそれに向けて体が準備をしているのだとか。しかし眠れないのはちょっとつらいですよね。

眠る前に温かいものを飲んだり、眠る1時間前には薄暗い部屋に入り携帯電話やテレビを見るのは避けてのんびり過ごすことが安眠の秘訣ですね。手足を軽く揉んでマッサージするのもいいでしょう。

また、大きなおなかが邪魔で眠りにくい場合には抱き枕を使用するのもお勧めです。出産後は授乳枕にして使えるタイプのものも販売されていますので一度チェックしてみることをおすすめします。


以上のように、後期つわりの症状は初期とは少し違ったものもあります。しかし、このつわりは乗り越えたころにはもうあなたはママになっているのです。そしてきっとかわいい赤ちゃんがあなたの腕の中にいるでしょう。そう思えば、すごくいとしくて、幸せな気持ちになりますよね。

産まれてきてから「あれをしておけばよかった!」と思うことはとても多いものです。今のうちに、パパと2人の時間を楽しんだり体が許す限りは買い物や散歩に出かけるなどあともう少しの間の妊婦生活、少しでも楽しんで生き生きとしていられるように前向きに頑張ってほしいと思います。

<本日のまとめ>

1吐き気
2足が浮腫む
3食欲が減退する
4精神的に不安定になる
5眠れない