男の子を産み分ける5つの方法とは

男の子
男の子の産み分けは、排卵日を知ることが最も重要と言われています。そのためにはきちんとした準備と計画が必要です。女の子の産み分けよりは男の子の方が授かりやすいといわれているので、取り組めやすいとも言えます。

準備と計画

まずは基本となる基礎体温を毎日測ることから始めます。最低3か月のデータが必要となり、毎日決まった時間に欠かさずに計測しないといけないので、気合いと覚悟が必要です。夫婦そろって協力しながら計画をしていきましょう。具体的な産み分け方法について5つご紹介していきます。

 

 男の子を産み分ける5つの方法とは

 


 ☆食事による産み分け法

食べるものによって体内の環境を男の子ができやすい状態にする方法です。

女性はアルカリ性食品、男性は酸性食品を食べるといいといわれています。アルカリ性食品の代表はピーマン、こんにゃく、サラダ菜、ジャガイモ、海藻、キュウリ、乳製品、ナス、ゴボウなどです。酸性食品の代表は卵、肉、魚、トマト、ホウレンソウ、サツマイモ、ブドウ、ミカンなどです。男性は女性のおススメ食品は避け、女性も同様に男性のおススメ食品を避けるようにします。

また、男性はニンニクなど体や気分を盛り上がる食材を使えば、食事による産み分けの効果があるともいわれています。

最近注目されている産み分け法の一つに、受精を行う前に男性がコーヒーを飲むとよいというのもあります。これはコーヒーに含まれるカフェインがY精子の活性を上昇させる効果があるといわれているものです。性行為60~90分前1杯程度飲むとよいといわれています。ただし飲みすぎは逆効果になるので気をつけてください。女性は着床率を下げると一般的に言われるので控えたほうがよいでしょう。

 


 ☆生活習慣による産み分け法

毎日できることを習慣とし、男の子ができやすくするという産み分け方法です。

女性は基礎体温を毎日測り、排卵日を知ること。これが一番大切なことです。男性は身につける下着によって効果を得る方法があります。男の子がほしい場合、精子の数が多ければ多いほど成功率が高まります。男の子を作るY精子は熱に弱いので、先に死滅してしまいやすいのです。そのため、体温を発散できるゆとりのあるトランクスのような下着がおススメです。


 ☆タイミングを計る産み分け法

子づくりするタイミングによって男の子の確率を上げる方法です。

ベストなタイミングは排卵日当日です。男の子を決めるY精子はX精子に比べてアルカリ性に強く、酸性に弱い性質で、X精子に比べて寿命が短いという特徴があります。寿命が短いY精子にとっては排卵までの間を卵管内で待つことはとても無理なことです。そのため、当日狙いたいということなのです。

 


 ☆性行為のやり方を工夫する産み分け方法

子づくりの仕方を工夫し、男の子ができやすい性行為をする方法です。Y精子はアルカリ性に強いので、通常酸性である膣内をアルカリ性にすることです。女性がオーガズムを感じるとアルカリ性の分泌物が出るので効果的です。さらに膣内深くに挿入し、そこで射精すれば精子が膣内の酸性ゾーンにいる時間が最小限で済むため、酸によって動きの鈍くなるY精子の数が減らせます。行為が終わった後もすぐに抜かず、挿入したままの姿勢で30分保つと、体外に流れ出る精液を少しでも減らせてよいという説もあります。

精子の数を増やしたいので、チャレンジする日まで、なるべく禁欲をしてもらうこともお勧めです。

 


 ☆道具による産み分け法

病院などで処方される『グリーンゼリー』を使う産み分け方法です。産み分け成功率80%以上といわれているグリーンゼリーは膣内をアルカリ性にし、男の子が生まれやすい状態を作ります。排卵日の1日前後に使用するのが一般的なようです。

重層を水で薄めたもので膣洗浄を行うことによって、膣内をアルカリ性に近づけるという産み分け法も古くからあるようですが、衛生面などの安全性も気になるところなので、やはりグリーンゼリーなどによる産み分け方がおススメです。

そのほか、自分のリズムを知って産み分け率80%という説もあるバイオリズム、中国式やブラジル式カレンダーを用いるものなどもあります。

科学的根拠に欠けるので、推奨はできませんが、そういうやり方で授かっている人もいるようです。自分の気にいった方法で、根気良く試せる産み分け法を自分で見つけてみることが大切ですね。

 


まとめ

男の子の産み分け法・5つ

☆食事による産み分け法・・・女性はアルカリ性食品、男性は酸性食品を食べるとよい

☆生活習慣による産み分け法・・・女性は基礎体温を測る。男性はトランクスをはくとよい

☆タイミングを計る産み分け法・・・排卵日当日を狙う

☆性行為のやり方を工夫する産み分け法・・・膣内に深く挿入。女性はオーガズムを感じるとよい。

☆道具による産み分け法・・・グリーンゼリーを病院などで処方してもらい、使用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です